心のあたたかい人の言葉と行動は周囲に「和」をもたらす 第1,495号

 第4章 給食革命と農業の復興について。この

章に書かれていることを実行すれば、日本の

子供たちは健康になり、成績も上がり、

ひょっとしたらいじめが激減する

かもしれません。さらに、

本の農業は復活し、農村は

豊かになり、なんとエネ

ルギー自給率が上がります。

 こうすれば、問題は解決する!各種データや

世界の事例をもとに、「幸せな日本の創り

方」を提言。明るい未来イメージへの具体策!

 今の日本には、「新たな中心的価値観」が必要

です。国の品格は、結局「人」だな、と思う。

もっというと、国の品格は「人の善良

さによる」と。善良さは、「実利」にもなる。

 私はリアリストだが、自信をもって断言

する。「善良さは、報われる」。

 私は、「大切にしようと強調すべきなのは、

個人よりも家族だ」と思う。日本はこれ

から「家族大切主義」で行くべきだ、と思う

 わたしのいう「家族大切主義」とは、ただ

単に「家族を大切にしましょう」

という意味だ。

 食べ物は、感情に影響を与える。

 プチ和食朝給食を導入せよ。

 私が提案したいのは、公立の保育園、幼稚園、

小学校、中学校に、「朝給食を導入しま

しょう」ということ。

 給食革命は、日本の農家を救う。

 少子化問題解決への投資は、リターンが高い。

 「少子化問題は、解決可能な問題」である。

 その条件は、

1、政府が「少子化問題解決は最重要課題だ」

と自覚すること。

2、海外の成功例を参考に、成果のある

プランを立案すること。

3、実行すること。

 心のあたたかい人の言葉は、あたたかい。

 もう一つは、行動。心のあたたかい人の

行動は、あたたかい。

 心のあたたかい人の言葉と行動は、

周囲に「和」をもたらす。

 日本は、その言葉と行動をもって、

世界に「和」をもたらすのだ。

 災害時の支援は、絆を強める。

 北野幸伯『日本の生き筋。家族大切

         主義が日本を救う』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2Sai8H7

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください