心のあり方によって幸せはそれぞれに感じられるものです 第1,277号

 15万部のベストセラーとなった稲盛和夫

さんと五木寛之さんとの共著『何の

ために生きるのか』の出版から12年──。

当時行われた出版記念講演会には、
1,700名もの聴衆が詰めかけました。

講演のテーマは「何のために生きるのか」。

その中で、稲盛さんは次のような
発言をされています。


「私は、このたった一回しかない人生を、
 精の限り、魂の限り、一所懸命に次ぐ
 努力をしていこう、そしてその成果を
 周囲の人たち、いや地球人類のために
 使っていこうと思っております。

 そのようなダイナミックな生き方をしながら、
 世の中にお返してしていくことこそ、
 生きる目的ではないかと思っているのです」


いかがでしょうか? 
稲盛さんから発せられる熱量が、
このわずかな言葉からも伝わってきませんか?

本日はもう少しだけ、当時の講演録を収録した
月刊誌『致知』の記事をご紹介します。


───────────────────
お釈迦様が説く、人生で一番大切なこと
───────────────────

皆さんの中で仏教を信じていらっしゃる方は多いと思います。

お釈迦様は、生きていく人間にとって
一番大事なことは利他の心であると説きました。


お釈迦様の心の神髄とは、慈悲の心です。
思いやりを持った慈しみの心、
それがお釈迦様の心の神髄であります。

この心は、他のものを少しでも助けてあげよう、
よくしてあげようと思う心です。
そうした心を持って生きていくことこそが
人生の目的なのではないか。

つまり、利他の行為を行うことが、人間にとって、
まず一番に大事なことだと思うのです。

この利他の心の対極にあるのは、利己の心です。
自分だけよければいい、という心です。

このような利己の心を離れて、利他の心で人様を
よくしてあげようという心で人生を生きていく。

それが生きる目的だと私は思っているのですが、
実は、これは口で言うほど簡単ではありません。

利他の心を持って人様に美しい思いやりの心で
接しようという考えで人生を生きていこうと思えば、
まず、現在生きていることに感謝を
するという心が起こってこなければいけません。

次に、そのような感謝の心が芽生えてきますと、
自然と自分自身がどんな環境にあっても
幸せだと思える心になっていくはずです。

「いや、私は決して幸せではありません。
 大変不幸な人生を生きています」

とおっしゃる方もおられるかもしれませんが、
この世の中を見渡せば、そういう方よりももっと
不幸な境遇の人もたくさんおられるはずです。

そう考えれば、親兄弟が一緒にいられるだけでも
幸せではないかという感謝の念が湧いてくるはずです。

つまり、どんな境遇であれ、心のあり方によって
幸せはそれぞれに感じられるものなのです。
そう感じるようになるためにも、まず最初に、
現在こうして生きているだけでも幸せだという
感謝の念が起こってくることが大事なのです。

そのようにして自分が幸せだと思えるようになってきますと、
その次には当然、他の人にも親切にしてあげたい
という思いやりの心が生まれてくると思います。

またそういう心が起こってこなければいけないのです。

したがって、利他の心を持つためには、
まず自分が生きていることへの感謝の心を
持たなくてはならないというわけなのです。

──月刊誌『致知』2006年6月号より

今回も最後までお読みくださり、


        ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください