必要な時に必要な勢力と組んで相手をハックする 第1,176号

 トランプ大統領当選を世論調査・現地

調査などを通じて的中させ、その後

も情勢分析の正確さから、日系・

外資系ファンド30社以上の

支持を得るアナリスト

が2018年中間選挙、

そして2020年

米国大統領選までの未来を独自予測。

 日本への多大なる影響と、対応策

について解析・提言します。

 トランプ劇場のこれからと日本への

インパクトを徹底解析! 

 トランプは、米国政治を「ハック」

したアウトサイダーである。

 米国政治をハックした

トランプの選挙戦略。

 トランプの動きを分析すると、諸勢力

との貸し借りの蓄積やメディアへの

対策など、トランプの2018年

現在の状況に通じる「共和

党、ホワイトハウス、

メディアに対する

ハック」の形跡を把握することができる。

 トランプ大統領の選挙戦略にはイデオ

ロギー的なこだわりはなく、共和党

の主流派と保守派のあいだには

大きな溝があるにもかかわ

らず、その両方と組も

うとした痕跡があるということだ。

 さらに人事戦略の特徴として人間関係上

のつながりというよりも、「必要な時

に必要な勢力と組んで相手をハック

する」という方針が明確であった。

 政治的信念より、政治的

勝利の実現を目指す。

 日本の対米外交戦略

はどうあるべきか。

 二重、三重の対米チャン

ネルを構築せよ。

 重要なことはワシントンDCにおける

日常的な人脈形成であり、イデオ

ロギーや実利レベルでの調整

を踏まえた濃密な人間関

係の構築であろう。

 「生きた」ネットワークを構築せよ。

 それは、イデオロギー(価値観)を

共有する人脈のことだ。

 欧米の変化のスピードと振れ幅を目の前

にして「予測不能」と称して思考停止

することなく、「現地で常に何が

起きているのか」を公開情報

とフィールドワークで追い

続ける努力が重要である。

 渡瀬裕哉『日本人の知らない

      トランプ再選のシナリオ』

  の詳細、Amazon購入は、こちら↓

   https://amzn.to/2CP1vhh

今回も最後までお読みくださり、

             ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください