情報技術によって大きな変化が生じるのはごく当然のことだ 第1,229号

あけましておめでとうございます

 みなさまには新しいこの一年の無事と

健康や幸せを願われたことでしょう。

 神様にお供えしてからいただく

お祝いの料理であるおせちに関して

お正月行事と暦 第 46 号

書いております(参考にして

いただければ幸いです)。

 

 仮想通貨を支える情報技術、ブロック

チェーンが、いま、応用対象を拡大し、

ビジネスや経済、社会の姿を劇的

に変えようとしている。

 

 従来の常識を一変させる、内外の最新

事例をもとに平易に説き明かし、

その可能性を展望する。

 

 IoTやシェアリングエコノミーにも、

ブロックチェーンが不可欠だ。

 

 それだけでなく、予測市場、真実性の

証明など、さまざまな新しいサービ

スを生み出し、さらには、行政

や政治・司法の分野でも

応用が可能だ。

 

 ブロックチェーンが実現するDAO(経営

者が存在しない企業組織)は、未来

社会の主役になる。

 

 人が新しい技術に出会ったときの反応

は、それがどんなものであれ、

つぎの3つの段階を経る

 

第1段階。

 こんなものはまやかしだ。こんな凄い

ことができるのなら、世界はひっ

くり返ってしまう。

 

第2段階。

 ひょっとすると、何か大変なことが起き

ているのかもしれない。うまく対応し

ないと、後れをとる。気の早い

連中はすでに走り出してい

るから、私もじっと

してはいられない。

 

第3段階。

 このすばらしい技術は世界を変えた。

私が最初から考えていたとおりだ。

 

 ブロックチェーンやビットコインについ

て言うと、ついこの間まで第1段階だった。

 

 否定的な評価は、外国でも同じだった。

JPモルガン・チェースのCEOである

ジェイミー・ダイモンは、ビット

コインは、17世紀のオランダ

で起こったチューリップ

球根バブルのようなものだと嘲笑した。

 

 投資銀行のゴールドマン・サックスは、

14年3月の報告書で、「ビットコイ

ンは通貨ではない。その信奉者

は頭を冷やして出直すべきだ」とした。

 

 ところが、この2年の間に、世界は

大きく変わってしまったのだ。

 

 ブロックチェーンには、ビットコイン

の過去の取引すべてが記載されている。

 

 ブロックチェーンは公開されているので、

コインを受け取った人は、その取引記

録がブロックチェーンに記載され

ているかどうかをチェックできる。

 

 ブロックチェーンは、組織に頼らずに、

何が正しいかを立証することを可能

とした。それが実現することに

より、社会が大きく変わる。

 

 ブロックチェーンが地殻

変動を引き起こす。

 

 ブロックチェーンとは、電子的な情報

を記録する新しい仕組みである。

 

 経済的価値をインターネット

で送ることができる。

 

 従来のインターネットでできなかった

ことが、2つある。第1は、貨幣など

経済的に価値あるものを送ること。

そして第2は、信頼性を確立することだ。

 

 第1に、ブロックチェーンを用いること

によって、貨幣などの経済的価値を

インターネットで送ることが

できるようになった。

 

 社会を構成する新しい方式が見出された。

 

 ビットコインから銀行の仮想

通貨へ。そして証券へ。

 

 金融業が大きく変わる。

 

 金融業は、もともと広義の情報産業の

一つだ。したがって、情報技術に

よって大きな変化が生じるの

は、ごく当然のことだ。

 

 現在、金融業で行なわれている

業務の多くは、情報の仲介だ。

 

 これがブロックチェーンに代替され

れば、中間者が不要になるので、

コストが低下する。

 

 それだけではなく、仮想通貨独自の

経済圏が形成されるかもしれない。

 

 ブロックチェーンはまた、「何が正しい

データであるか」をすべての人が知る

ためのプラットフォームとして

の側面を持っている。

 

 具体的には、土地登記をはじめとする

公的な登記や登録への活用だ。

 

 いくつかの国で、すでに実施されたり

実験が行なわれたりしている。

 

 野口悠紀雄『ブロックチェーン

     革命。分散自律型社会の出現』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2Tnxj0R

 

 

 1/6(日)が小寒、1/7(月)が七草、1/11(金)

が鏡開き、1/20(日)が大寒で「一年中で

最も寒い時期」小寒から数えて15日

前後をいい、小寒から2/4(月)の

立春までが「寒の内」。

 

 本年もどうか宜しくおつき合いの

程お願い申し上げます。

 

今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください