数え切れない感情が交錯するなかである者は去り.ある者は踏みとどまった 第 1,869 号

 異端児・堀江貴文とライブドア事件の真相

窮地の藤田晋を救った人物敗者が生んだ

LINEメルカリ創業者の凡人哲学

られざる楽天誕生秘話時代を駆け

抜けた“若人たち”の熱き物語。

日経電子版の人気連載を単行本化。

 この国にインターネットが到来して30年近く。

突如としてやって来た情報革命という巨大な

胎動に魅せられ、数々の名もなき若者たち

が名乗りを上げた。 時は平成の世の幕

開けと重なる。バブル経済が崩壊し、

失われた30年が始まった。

 日本人が奇跡の復興を誇りに思い、ジャパン・

アズ・ナンバーワンと言われた頃の自信を

失いかけた時代に到来したのが、インター

ネットという社会を一変させ得る

テクノロジーだった。

 本書で描くのは、そんな混沌とした時代の

うねりのなかで始まった新産業

創生の物語である。

 栄光をつかみスポットライトを浴びる者たち

を、世間は「時代の寵児」ともてはやし、

あるいは、「IT長者」や「成金」

と心の中でさげすんだ。だが、

多くの人たちは知らない。

 そこにあったのは未開の荒野を切り開く者に

しか分からない壮絶なドラマだということを。

 パソコンやスマホの画面の中で毎日のように

見かけるサービスは、そんな隠されたストー

リーを何も語らない。栄光、挫折、裏

切り、欲望、志、失望、失敗、

そして明日への希望。

 数え切れない感情が交錯するなかで、ある

者は去り、ある者は踏みとどまった。

 本書には数多くの「志士」が登場する。

 あたかも幕末の志士たちが無名時代に出会い、

天下国家の論をぶつけ合ったように、インター

ネットの担い手たちも驚くほど互いに影響

を与え合う出会いを経験している。

 それは偶然ではない。志が志を呼び

寄せる磁力を発するのだと思う。

 杉本貴司『ネット興亡記。敗れざる者たち』

  の詳細、Amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2Z3rCtr

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください