断食をすると体温が上昇して病気が改善する 第 887 号

 現代人の病気の多くは、食べ過ぎが

原因だった。

 食べ過ぎは、血液の汚れや体の冷え

を招き、免疫力の低下につながる。

 脳の働きも停滞させる。

 そもそも人間は、飢餓状態には強くでき

ているが、飽食に対処する機能を、あ

まり持ち合わせていないのだ。

 いまこそ「空腹力」を発揮し、本来の

能力、健康を取り戻そう。

 「一日二食でいい」「水分の摂り過ぎは

体に悪い」「ニンジン・リンゴジュース

とショウガ紅茶の効果」など、ユニー

クな食事療法で知られる石原式

養生術の決定版。

 メタボリックが気になる方は、

今日から即実践。

 空腹力をつけることによって血液をきれ

いにし、免疫力を高め、健康を維持し、

病気から回復する力をつける

ことができる。

 私は本書で、空腹力をつける方法と

して、朝食抜きの「半日断食」

をすすめている。

 朝食抜きはよくない、朝食はしっかり

摂ったほうがいいと思われて

いる方も多いと思う。

 たしかに、それは育ち盛りの

子供には当てはまる。

 しかし、いまの大人には当てはまらない。

 「半日断食」の基本は簡単。

1.朝食は抜いて、ニンジン・リンゴ・

 ジュースを飲む。

2.肉食はできるだけ避けて、

 たんぱく質は魚類で摂る。

3.自分の体力に合わせて1日1時間

 程度歩く。

 週に2,3回は筋力運動する。

 人間はもともと空腹には強くできている。

 空腹力が免疫力を高める。

 食事を摂らないほうがパワーが出る。

 WBC世界バンダム級チャンピオンだっ

た辰吉丈一郎さんも、世界チャン

ピョン時代から一日一食。

 朝食を食べなくても頭は働く。

 断食をすると体温が上昇して

病気が改善する。

 コーカサスの長寿者の日常生活。

 彼らの長生きの秘訣は次の4つ。

1.よく働くこと。

2.合唱団をつくってみんなで歌うこと。

3.狩りに行ったりしてよく歩くこと。

4.友達の家に行って、酒を飲んで

 騒ぐこと。

 ボケないために下半身の筋肉を鍛えよう。

 健康で長生きの基本は「空腹力」。

 石原結實『空腹力:やせる、

        若返る、健康になる』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/1eGddDZ

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください