新しい時代の潮流を掴めるのは若い世代 第 1,854 号

組織の情報共有ツールを
開発・販売する会社として創業した
サイボウズ。

ユーザー目線のサービスを提供し、
いまでは国内に900万人以上のユーザーを
有するまでに成長しました。

26歳でサイボウズを仲間と共に創業した
青野慶久さんに、その原点というべき
若き日のエピソードを伺いました。


★青野さんもご登場!最新号の特集テーマは
「人間を磨く」。

今号にも人生、経営、仕事を発展させていく
秘訣が満載です!詳細・ご購読はこちら 

───────────────────

(青野)
サイボウズを起業したのが1997年8月で、
10月にはスケジュール・行き先案内板・掲示板・
施設予約の四つのアプリケーションを搭載した
サイボウズOffice1をリリース。

その利便性が時代に受け入れられ、早くも12月
には黒字に転じることができたので、
創業期にお金に苦労したことはありません。

創業3年目の2000年にはマザーズ上場、その
2年後には当時史上最短となる4年7か月で
東証二部へ市場変更と、順調に成長する
ことができました。


2005年、33歳の時に私が社長を引き継いで
からも、積極的にM&Aを実施したり、
社員数を急激に増やしたりしていました。
ところが、その成長スピードに組織体制が追
いつかず、徐々に歪みが生じてきます。

「ベンチャー企業はがむしゃらに働くのは当た
り前」という一方的な考えを社員に押しつけて
いたため、離職率も高く、最もひどい時で28%、
4人に1人以上の社員が辞めていく状況でした。

典型的な〝ブラック企業〟だったと思います。
その上、買収した会社のいくつかで大きな赤字
を計上してしまったのです。
まさに正念場。窮地に追い込まれた時にたま
たま目にしたのが……


※この続きは最新号「人間を磨く」でご覧
ください。


★最新号の特集テーマは「人間を磨く」。
人生、経営、仕事を発展させていく秘訣
が満載です!詳細・ご購読はこちら 

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください