施設が複合的な観光商業機能を提供しているかどうか = 2-2 = 第1,126号

 カジノが影響を与える業界

 カジノ導入で経済的恩恵を受ける業界は、

基本的には3つに分類することができます。

1 ハード&インフラ産業

 統合型リゾートは比較的大型な開発事業

となるため、これら建設を中心とした

ハード産業に直接的な影響が及

ぶことが考えられます。

 また、これに関連する観光インフラの

拡充も想定され、施設周辺に新たな

鉄道路線や道路の敷設、空港整

備、港湾整備などが行なわ

れる可能性もあります。

2 ソフト&サービス産業

 統合型リゾートの開発により、施設内は

もちろん、施設周辺の宿泊業、飲食業、

小売業、エンターテインメント業な

どへの経済波及が考えられます。

3 関連業種

 統合型リゾート導入に間接的に発生する

関連業種への影響は、開業前は主に

土木建設業や資材業への波及となります。

 一方、「カジノ」という新たなギャンブ

ル型レジャーの登場より、マシンゲーム

やテーブルゲーム、またその周辺機器

やシステム製造を行う業種など、幅

広い新興業種が生まれることが

予想されます。

 規模は必ずしも超巨大なものである

必要はなく、それぞれの地域の市場

に応じた適正規模での開発が行わ

れればそれでいいのです。

 ポイントは、あくまで施設が複合的

な観光商業機能を提供しているか

どうかという点なのです。

 我が国は南北に長く広がる列島によって

形成されており、北は北海道から南は

沖縄まで、地域の特色は様々です。

 これら気候と海、山、川、街など、様々

な立地条件を組み合わせれば、我が国

における統合型リゾートの開発には

無限のバリエーションがあるでしょう。

 繰り返しになりますが、統合型リゾート

にとって唯一の共通する定義は、施設

開発の中にカジノを含んでいるこ

とと、そこにカジノ以外の複

合した観光商業機能が提

供されているという点だけです。

 それ以外に関しては、自由な発想で

その開発に取り組めば良いのです。

 カジノツーリズムは貴重な観光資源

 大型の統合型リゾート開発が米国を発祥

とすることもあり、大手カジノ事業者は

米系資本が多いのが特色の一つです。

 シーザーズ・エンターテインメント社

ラスベガス・サンズ社MGMリゾー

ツ・インターナショナル社ウィ

ン・リゾーツ社の4社が米系

資本の代表的な事業者で

あり、業界内では

「ビッグ4」などとも呼ばれています。

 木曽崇『日本版カジノのすべて』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2AOqKiR

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください