日本は常に世界との激しい競争にさらされている 第 1,739 号

 世界中のスパイ100人を極秘取材した著者だ

から書ける「サイバー嫌がらせ」最前線!!

 2018年12月 3日、イギリス・スコットランド

の東海岸にあるセント・アンドルーズ大学で、

「C」が非常にレアな講演を行った。

 「みなさん、本日はここに戻ってこれたこと

を光栄に思う。われわれの機関は、自分たち

のことを『SIS(秘密情報部)』と呼び、

世間的には『MI6』と呼ばれているが、

まさか自分がその機関のトップとして

母校に帰ってくるとは思いもしなかった」

 筆者は最近、MI6中枢で、近々まで実際に

スパイ活動の最前線にいた人物に、何度にも

分けてじっくりと話を聞く機会を得た。

 その元MI6スパイと、あるとき、

この講演の話題になった。

 完全匿名を条件に取材に応じていたその人物

は、一見穏やかな紳士然としているが、ヤン

ガー長官の話について不敵な笑みを見せ

ながらこう言い切った。

 ♣「彼が『みんなに仕事について知ってもらい

たい』と言っているあのスピーチすら、実際は

『Bullshit(でたらめ)』だらけだ」 世界を

見渡すと、ほぼすべての国が独自の諜報

機関を備えていると言っていい。

 国家と国民の生命・財産を守るために、外部

からの脅威などについてきちんと情報収集

するのは当たり前だというのが世界の

共通認識だからだ。

 筆者は世界のいたる国で出版されているMI6

など、スパイ活動、国家的インテリジェンス

に関連する文献などに目を通しているが、

今回明らかになる証言が導き出す新

事実は、世界的にもあまり知ら

れていないものが少なくない

と言える。少なくとも日本

の読者には、はじめて

触れる情報がほとんどではないだろうか。

 ?や策略、裏切り、そんなインテリジェンス

の世界に少しでも興味がある人にとっては、

非常に価値のある内容となっているはずだ。

 生き馬の目を抜くビジネス分野でも、日本は

常に世界との激しい競争にさらされている。

 これまで、ライバル国のみならず同盟国ですら、

スパイを日本に送り込み、機密情報から知的

財産にいたるまで機密情報を日本から

盗み取ってきた。

 こう見ていくとわかる通り、はっきり言うと、

日本は世界から喰いモノにされているのである。

 残念ながら、それが世界の情報機関

関係者らの見方であり、実態なのだ。

 山田敏弘『世界のスパイから喰い

   モノにされる日本』(MI6、CIA

     の厳秘インテリジェンス)

  の詳細、Amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2RB1PF9

 今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください