日本人が野菜を食べる習慣を広めた 第1,444号

 ニッケイ新聞は、ブラジルに住む日本人・日系

人のための新聞で、サンパウロ市に本社を置

く日刊邦字紙(日本語新聞)である。

 ブラジル移民の歴史は1908年にはじまり、

1932年、33年を絶頂期に戦前だけで19

万人、戦後には、6万人、あわせて

約25万人が移り住んだ。

 その子孫は現在、6世まで誕生し、当国の

日系人は約150万人に増えた。全世界の

日系人数が約250万人なのでその半

分がブラジルに在住している。

 日本在住者にすると、ブラジルはサッカー、

コーヒー、サンバというイメージだろう

が、実はこのように強い血縁の絆

で結ばれた国なのだ。

 2008年には日本人移住

100周年を迎えた。

 この100年間は、順風満帆であった訳では

ない。戦後すぐに日系社会が直面した勝ち

負け抗争はその最もたるものだった。

 ♠戦時中に、日本語使用の禁止、邦字紙の

廃刊、日本語学校の閉鎖など敵性国民

として厳しい扱いを受けた。

 ♣当時、大半の移民が数年間の出稼ぎ気分

だったため、ポルトガル語の新聞を読める

ほどの語学力のある人は少なく、正しい

情報が手に入りにくい環境だった。

 ♥異国で生活する移民にとって祖国は、アイ

ディンティティのよりどころだった。敗戦

を認めることは、自らの誇りが打ちの

めされることであり、「帰る場所

がなくなる」ことだったのだ。

 ♦その結果、日本近代史上まれに見るテロ

事件が勃発し、コロニア(邦人社会)

は未曾有の混乱期を迎えた。

 当地は、日本人が世界中の民族が集う異国社会

へ適応・順応するための壮大な歴史的実験

が、ささいな日常を通して行われて

いる現場でもある。

 日系人による、特に農業分野における貢献は

大きく、「日本人が野菜を食べる習慣を

広めた」と言われるほどになった。

 移民たちのたゆまぬ取り組みの成果として、

地球の反対側という位置関係にも関わらず、

世界でも珍しいほどの親日国家となった。

 深沢正雪『海を渡ったサムライたち:

   邦字紙記者が見たブラジル日系社会』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2Rdpk5S

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください