暑さで疲れが残る時こそ.口に入れる食を良く考え選択 第 377号

 ナス、ブドウ、柿、梨、きのこ類──

 毎年思うのですが、なぜ、秋口にこんなにも

陰性の食品があるのでしょう。

 陰性の食品は、色や形、硬さ、成長の速さなどで

確認をすることができます。

 まず、ナスやブドウのような紫は、ポリフェノール

の抗酸化作用が有名ですが、マクロビオティック

では陰性の色です。

 硬さも、柔らかく水を含んでいるほど陰性。

 甘い味も陰性になります。

 形は、長く大きくなりやすいのが陰性。

 そうやって考えると、ブドウは体の熱をとって

くれますが、皮や種ごと食べることで、渋みの

陽性を一緒に食べたほうが良いということが

分かります。

 ナスも「嫁に食わすな」というほど陰性ですが、

ナスのヘタは黒焼きにして炭で磨けば、

緩んだ歯茎を締めるほど陽性です。

 我が家では、ヘタを細かく切ってショウガと

油炒めにして食べます。

 ナスの陰性とバランスを取るために、

ヘタも一緒に食べるのです。

 マクロビオティックでは、生のきのこを

食べないのは、陰性だからですね。

 干したきのこは食べますが、生を食べたい時には、

じっくりと火を通したり、味噌や陽性の野菜と

一緒に食べれば問題ありません。

 最後に秋の果物の代表の柿。

 酔ざましになるほど体を冷やしますが、

硬くてオレンジ色、渋を蓄えていることを

考えると、体を冷やしても悪さをしない

陰性といえるでしょう。

 梨は、夜に食べる果物だと云われています。

アウトドアで遊んだ日には、梨でクールダウンを

することで、安眠しやすくなるでしょう。

 柿、梨とも、皮も一緒に食べることがポイントです。

◇◆──────────────────※

      クールダウンに柿茶     

 ※──────────────────◆◇

 お日様でお肌が傷んだり、熱い空気を吸った日には、

柿茶で体を修復しながら、冷やしてくださいね。

 暑さで疲れが残る時も、柿茶の抗酸化作用が、

体力の回復を助けてくれます。

 その他には、クールダウンに麦茶。

 美と健康の為に、体内の酸化物、老廃物の解毒を

考えるなら、はと麦茶という選択もありますね。

【生化学 柿茶】2,916円

 http://genkikai.info/SHOP/ms41460.html

【はと麦入り麦茶(国産大麦)】281円

 http://genkikai.info/SHOP/kf2625.html

【オーサワの有機はとむぎ茶】918円

 http://genkikai.info/SHOP/oh2071.html

 【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士

           佐野よう子さんのメルマガ

          より転載許可を得て掲載

            http://mamakara.info/wp/

    今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)