暗示学は驚異的な人間の潜在能力を引き出す方法であるに過ぎない = 2-1 = 第 1,847 号

 右脳を開いてイメージすれば思い通りの現実が

切り開かれる。子供から大人まで、誰でも今す

ぐ簡単に実践できる新感覚催眠法で、どんど

ん新しい能力が引き出せる! 右脳開発研究の

第一人者が明かす、驚きの実践と効果。

 訓練すると右脳の意識を使う回路が開け、

ビックリするような能力がいろいろと

自然に姿をあらわし始める。この

訓練の方法には、ヨガ、気功法、

呼吸法、瞑想など、さまざま

あるがいちばん楽で早いのが催眠法です。

 大量の情報を瞬間記憶。瞬時に大量の

情報を記憶でき、いつでも再生でき

るのが、右脳の記憶力です。

 写真で撮ったように見たものを再現できる

能力を写真記憶というが、これも

右脳の記憶力です。

 指揮者の岩城宏之氏は楽譜をひとめ見てフォト

コピーして、指揮中は空間の楽譜を見てペー

ジをめくっているといいます。

 イメージは想像。想像するだけでいいのです。

想像して思い込む。それがイメージの本質

です。イメージするとは想像すること

です。右脳は想像することによっ

て使う。右脳意識には想像に

よって深く入っていくと理解しましょう。

 想像したことは体に表れる。暗示学というもの

も、右脳を活性化させる訓練により、驚異的な

人間の潜在能力を引き出す方法であるに過ぎない。

 暗示学は学習の速度を50倍に早め、記憶力

を増大させ、学生には実質的努力を必要と

させず、理解力に乏しい者も優秀な者

も、老いも若きにも等しく内容が

浸透する。なんら特別な装置

もいらない教育方式であるが、これ

は右脳教育法にほかならず、右脳の能力

から見ればごくあたりまえのこと。

 古典の素読は、とにかく口に出し、大量に暗記

していくことによって潜在意識にインプットし

ていく。いい言葉を口に出すという、言霊

の力を引き出す一種の自己暗示でもある。

 七田眞『七田式・右脳全開催眠法』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/1Myi25o

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください