本気でぶつかり.よくなるまであの手この手で引き上げよう 第 904 号

 過去に選手を率いた9度のオリン

ピックで、すべてメダル獲得に

成功してきた井村雅代さん。

 世間では“鬼コーチ”と評される

井村さんの指導法から、叱る

コツを学びます。

───────────────────

 井村 雅代
  (シンクロナイズドスイミング

        日本代表ヘッドコーチ)

───────────────────

 いま、スポーツ界で叱る教育の代表

いえば、すぐに私の名前が挙がります。

 でも、私の中では叱っていると

いう意識は全くありません。

 下手だから下手、ダメだからダメ。

 本当のことを言っているだけなんです。

 そして本当のことを言ったら、

私は必ず直す方法を言います。

 一つの方法だけでは直りませんから、

今度はこうやってごらんと、どん

どん次の直し方を言う。

 そして直ったと思ったら、「それで

いいよ」とちゃんとOKを出すんです。

 でも取材に来られるマスコミの方は、私

が怒っているところばかり撮るから、あ

あいう恐ろしい映像になるんです(笑)。

───────────────────
・人間力ブログ、毎日更新中!
───────────────────

 ここで皆さんに叱るコツをお教えする

ならば、叱る時はまず現行犯

で叱ってください。

 いまのそれがダメなんだって言われ

たら、人間は反省します。

 「君、この前も同じことを言ったよ」

と古いことを持ち出してはいけません。

 これをやられると、いまやったこと

への反省が薄れてしまうんです。

 もう一つしてはいけない

のは、しつこく叱ること。

 それは本人の自己満足で、聞いている

人は「もう分かったよ」って嫌気

が差してくるんです。

 現行犯で叱ること、古いことを持ち出

さないこと、しつこく叱らないこと。

 この三つの叱るコツを

ぜひ覚えてください。

 そして、叱る時は本気で

かかってください。

 相手がどんなに小さなお子さんでも、

自分に本気でぶつかってくれている

かどうかは分かるんです。

 中途半端に叱るくらいなら、最初から

知らん顔をしているほうがましです。

 叱るとは、いま自分の目の前にいる

この人は、絶対にこのままでは

終わらないんだ。

 いまの状態よりも必ずよくなるんだと、

その人の可能性を信じることなんです。

 だから本気でぶつかり、よくなるまで

あの手、この手で引き上げようとする。

 叱るとは、その子の可能性を

信じるということなんです。

───────────────────
◆一流人の生き方、考え方が満載◆
人間学誌『致知』のお申し込みはこちら

───────────────────

 『致知』  2018年1月号

           特集「仕事と人生」P10

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください