根気強く観察すれば知恵が出ることを.身を以て学ぶことができました 第1,457号

世界に誇る日本の自動車メーカー・トヨタ自動車。

その技術職の最高ポストといわれる技監を
11年間務めた林南八さんに、師であるトヨタ
生産方式の生みの親・大野耐一さんや鈴村喜久雄さん

から学んだ仕事の極意を教えていただきました。

★あなたの人間力、仕事力を高める
珠玉の体験談が満載の月刊『致知』。
大好評の最新号「後世に伝えたいこと」はこちら 

…………………………………………………

(――厳しい2人の師匠、大野耐一さんと
鈴村喜久男さんから学ばれたことは何ですか?)

(林) 
まず鈴村さんとのエピソードで忘れられないのは、
入社5年目の時のことです。トヨタ生産方式の柱の
1つに、「異常があったら止まる、止める」という
のがあるんですが、乗用車の組み立てを行うベルト
コンベヤーで、1か所頻繁に止まってしまう繋ぎ目
があった。

鈴村さんがチョークで床に丸を描いて、
「林はここに立って見とれ」と。
何を見ればいいのかよく分からんまま半日立たされた。
鈴村さんが昼頃に来て、「何か分かったか」と聞かれた
ので、「分かりません」と答えたら、
「おまえな、節穴の開いた五寸板を拾ってこい!」と。

えらい剣幕で怒鳴るもんだから板を探しに行こうとしたら、
「たわけ! 何も見抜けんやつは節穴の開いた板と一緒だ。
しかし、おまえには給料がつく。そのおまえの代わりに
板立てとけ」と。

(――容赦のない言葉ですね。)

(林) 
「くそぉー」と思って、そこからまた観察し、
夕方に「こういうことですか」と尋ねると、
「分かってるならなぜやらない。晩のうちに直せ」
とまた怒られた。

それで深夜2時頃まで一所懸命やってたら
設備保全の人が来て、「仮眠室で寝てこい。

あとはこっちでやるから心配するな」と助けてくれた。

鈴村さんはよく
「目で見るな、足で見よ。頭で考えるな、手で考えよ」
と言っていましたが、現場に行き、自らの手で触って

確認すると共に、問題が起きたら「なぜ?」を5回

繰り返して真の原因を探すことの大事さ、そして

根気強く観察すれば知恵が出ることを、身を以て

学ぶことができました。

大野さんに関しては、
入社7年目にホンダの鈴鹿製作所を見に行った時、
僕は常々……

※この続きはWEBchichiで公開中!

★(本記事は月刊誌『致知』2019年7月号

「命は吾より作す」から一部抜粋・編集したものです。

あなたの人間力、仕事力を高める月刊『致知』。
詳細・ご購読はこちら

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください