正しい歩行姿勢習慣は.精神や内臓の健康に多大な好影響! 第1,540号

こんにちは、

岡田です。

前回は「本当の脚の長さは30cm長い」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12528668760.html

大腰筋というインナーマッスルは脚の一部である、

この筋肉を鍛えることで姿勢は良くなるという話でした。

今回は「歩行と筋トレは健康化の両輪」です。

  • 図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12530931063.html

—————————

『歩行整体メソッド』とは、

三本の矢による、

回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢 ゆがみの潤滑整復術

第二の矢 ゆがみのトレーニング

第三の矢 ゆがまないセルフ整体

現在、見える化を図っています。

—————————

(歩行と筋トレは健康化の両輪)

91年、当時の師匠から生理歩行を学んで以来、

歩行の実践と指導そして研究してきました。

あれから28年たちましたが、

歩行の奥深さは今でも感じ続けています。

歩行は私にとっては健康の要です。

歩行によって、むち打ちを克服し、

歩行によって、腰痛を克服し、

歩行によって、内臓機能は改善しました。

現在も一週間、整体歩行ができないと、

気が狂ってしまいそうなほどストレスが溜ります。

なぜなら、整体歩行が健康を守っているからです。

それほど効果が高いのが整体歩行です。

脳、心肺、胃腸、腎臓など内臓の機能は回復し、

肩や腰のこりは解消しネガティブな気分も消えます。

ただし、整体歩行の習慣を守っている限り。

おまけに、内臓脂肪や皮下脂肪は減り、

全身の関節も滑らかにつながり、

たった30分の投資で多大な収穫が得られます。

整体歩行は24時間の時間の中でも、

一番効果的な健康投資といえるでしょう。

ただし、どんな歩き方でも、

こんな結果が出るわけではありません。

今の世の中、

正しく健康になれる歩き方を提唱する指導者は多いです。

有名な吉田氏、小林氏、金氏、鈴木氏など、

多くの先生方が正しい歩行法を世に出していますが、

公園のウォーカーを観察していると、

まだまだ大半が残念な歩き方をしています。

なぜ、こんなことになるのでしょうか。

たぶん、歩行はあまりに身近すぎて、

興味関心が薄れて自己流になってしまうのでしょう。

または、歩数に気を取られすぎて、

クオリティが疎かになるのかもしれません。

これらを観察していると、

もっと直感的に分かる教え方が必要だと思うので、

私もその一人として責任を感じています。

また逆のケースもあります。

歩行は健康に良い運動だと理解していても、

歩行だけしていたらコレで万全、

歩行は万能の運動と考えている人もいます。

これも勘違いなんです。

歩行のコツは、

正しい姿勢で歩くことが一番重要ですが、

1回30分、週に3回は歩くことが健康には必要です。

そして、歩行が守ってくれる健康というのは、

内臓機能の健康だということ。

歩行は省エネ運動なのでその特性から、

腹筋や腕力といった筋力やひざなど関節の強化など、

身体能力が強くなることは期待できません。

では、ラジオ体操も併せてやればいいかというと、

やらないよりやった方がいいのは確かです。

また、中高年の筋肉というのは、

あまり速い動きでは強化できないので、

ラジオ体操などちょんちょんする運動よりも、

筋肉にしっかり力を入れる筋トレの方が好ましい結果が出ます。

日常、70~80代のパーソナルトレーニングをして、

高齢でもしっかり筋肉がつくことは確認しています。

やれば、確実に強化できるのです。

課題は、高齢になると個人差が大きくなるので、

一般的に行われているグループレッスンよりも、

パーソナルの方が理想的です。

パーソナルで、脚力、体幹力、柔軟性などがアップすると、

実質的に若返ったのと同じ感じになっています。

まとめると、

歩行の習慣は、

精神や内臓の健康に多大な好影響を与えますが、

そのためには、正しい歩行姿勢を作ってから、

週に3回、一回30分は行う必要があること。

また、歩行は、

筋力や柔軟性の強化には効果は期待できないので、

そのためには、個別対応の筋トレが必要だということ。

結論は、

正しい姿勢をつくり整体歩行で歩くことと、

各人の弱点を補強するためのスロー筋トレをすること。

一回は歩行も筋トレも30分目安ながら、

フォームやスピードなどクオリティが大切だということ。

この二つの運動を続けることが、

健康寿命を伸ばすことの要といえます。

これを最短で効率的に行えるのが、

「歩行整体メソッド」という健康化システムです。

このシステムを使えば、

試行錯誤で時間を無駄にすること無く、

大きく時短することが可能です。

————————-

立ったまま行うインナーマッスル筋トレ

『健康セミナー&筋肉絞り体操』セミナー

・11月9日(土)18~20時(天王寺)

・11月22日(金)14~16時(天王寺)

セミナーの日程表は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第648号 2019年10月1日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください