歩き回りながら音読したほうが覚えられる 第1,408号

 「なんで早く教えてくれなかったの! ?」本書を

読んだ方は、そう思われるかもしれません。

それくらい、本書には驚きのメソッド

が盛り込まれているからです。

 「英語」「記憶」「読書」「ノート術」……

など、充実のコンテンツ。大ベストセラー

となった『1分間勉強法』シリーズ

の石井貴士先生が贈る、勉強法

の常識を覆す一冊が誕生しま

した。「やってはいけない

勉強法を知り、正しい

勉強法に切り替え

ることで、最速で成績が上がる」

 天才と同じやり方をすれば、

天才と同じ結果が出る。

 勉強法の最終奥義「瞬間

記憶」をマスターする。

 天才になるために全力を尽くす。

 勉強は天才になってから始める。

 勉強法のゴールは「瞬間記憶」が

できるようになること。

 現存する参考書はすべて買う。

 瞬間記憶ができるようになると、1冊の参考

書を繰り返したら、勉強が10分で終わる。

 1教科につき、1冊の参考書を繰り返すのと、

200冊の参考書を頭に入れるのだったら、

後者のほうが成績が上がる。

 実力者は、基本的にどんな問題も解ける。

なぜなら、現存する問題のすべてに目

を通しているから。すべての問題

が見たことのあるものなら、

満点が取れて当然。

 目で見て覚える。書いてはいけない。

 歩き回りながら、音読したほうが覚えられる。

二宮金次郎式暗記法だ。

 3回以上、繰り返して見て覚える。

理想は、21回繰り返すこと。

 英単語帳を9冊使う。9冊

あれば、抜けがなくなる。

 1冊1分で本を読む。

 これを繰り返す。

 周辺視野を使う。

 石井貴士『やってはいけない勉強法』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/2x4y9H9

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください