沖縄からアジアへとつながる新たなものづくり産業 第1,282号

 空路4時間圏内に「20億人のマーケット」。

国際リレートランシップ港構想―アジア中の貨物が那覇港に。

44年連続出生率日本一、人口も着実に増加。

ハワイを抜いた観光客数。ノーベル賞学者が揃うOIST。

データセンターを中心としたIT基盤の強化…

「沖縄の起爆力」=「沖縄の経済発展の秘密」

をデータと共に解き明かす。

 アジアが成長するときビジネスチャンスが生まれる。

 実は近年、沖縄は観光地としてだけでなく、商業

や産業、教育、医療などさまざまな面で

大きく発展している。

 私は、シンガポール以上に大きな繁栄の可能性を

秘めているのが、現在の沖縄だと考える。

 その最も大きなメリットが、「沖縄は

日本である」ということだ。

 日本の「重要港湾」の使命を担う那覇港、中城湾港。

 沖縄には離島を含め45の港がある。那覇港、中城湾港、

石垣港など6つの港が国の重要港湾に指定されている。

 日本全国で1,000近くある港湾のうち、東京港、横浜港、

川崎港、大阪港、神戸港の5つがある。

 その次に重要な「国際拠点港湾」には、千葉港、名古屋港、

北九州港など18の港が指定されている。

 沖縄県アジア経済戦略構想の5つのポイント。

重点戦略の概略。

1.アジアをつなぐ、国際競争力のある物流拠点の形成。

2.世界水準の観光リゾート地の実現。

3.航空関連産業クラスターの形成。

4.アジア有数の国際情報通信拠点「スマートハブ」の形成。

5.沖縄からアジアへとつながる新たなものづくり産業の推進。

 IT企業、454社が沖縄に集積。沖縄の海底ケーブルの

存在は、バックアップの手段として重宝されている。

それ以外にも沖縄でビジネスを営む人に

役立つサービスを提供している。

 安里昌利『未来経済都市・沖縄』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

今回も最後までお読みくださり、

ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください