潤滑の悪い筋肉は指を当てるだけの潤滑整復術で軟らかくなる 第1,330号

こんにちは、

岡田です。

前回は「骨盤と股関節の「ゆがみ」による歩行困難」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12447706439.html

医療機関による検査では異常が無くても、

骨盤や股関節のゆがみ(潤滑不全)が強い場合は、

歩行困難になることがあるというお話でした。

前回は第一の矢「潤滑整復術」関連の話でしたが、

今回も潤滑整復術に関連の症例、

「咳き込みによるギックリ腰とゆがみ」です。

風邪による咳き込みが引き起こしたギックリ腰、

この症例を例にして、

ゆがみとギックリ腰の関係を解説しましょう。

—————————

歩行整体メソッドとは、

三本の矢による回復から若返りまでの整体しくみ。

第一の矢 ゆがみの潤滑整復術

第二の矢 ゆがみのトレーニング

第三の矢 ゆがまないセルフケア法

—————————

数日前、ギックリ腰で来院されたMさん(30代女性)

過労からの風邪で咳き込み、

腰に痛みが走って動けなくなったケースです。

重いものを持ち上げたわけでも無く、

不自然な姿勢をとっていたのでも無い、

なのにギックリ腰になってしまいました。

こういう急性の場合はケガと解釈されますが、

ゆがみ(潤滑不全)が原因のことが多く、

似たようなケースには参考になることでしょう。

Mさんのケースは、

筋肉、筋膜や靱帯を傷めたわけでは無く、

ゆがみ(潤滑不全)によるギックリ腰でした。

彼女は、昨年もこの季節にギックリ腰を起こし、

潤滑整復術を2回して治まりました。

その後、姿勢矯正トレーニング(第二の矢)で、

体力強化し順調に来ていましたが、

仕事が忙しくトレーニングの間隔が開き、

月に2回ほどしか運動できていないのが現状です。

先月ぐらいから、体力が低下していたので、

間隔を詰めるように助言していましたが、

風邪で咳き込み寝込んでしまうことに…。残念!

もともとは、反り腰がらみの腰痛持ちで、

たびたび潤滑整復術を受けに来院していましたが、

ゆがみ解消の後、体力強化のために次のステージに。

姿勢矯正トレーニング(第二の矢)に移行し、

週1回のトレーニングで順調に体力強化、

それに比例するように仕事も忙しくなりました。

そうなるとトレーニングが出来ないというジレンマに、

このコントロールは難しいですね。

話をギックリ腰に戻しましょう。

症状は歩行困難なので出張も可能ですが、

精度を上げるには研究所でということになり、

タクシーで来てもらうことになりました。

  • まずはチェック

歩様を観察すると、

誰かが支えないと歩けないレベルで、

特に左足には体重が乗せられない状態。

つづいて、ベッドにてチェック。

左右股関節のゆがみ(潤滑不全)は軽度ながらあります。

左仙腸関節にゆるみ腰、右仙腸関節にひらき腰と、

左右にゆがみが発生しており、

腰椎の椎間関節の潤滑も低下しています。

もともと、ゆるみ腰というゆがみが発生していたところに、

立て続けに咳き込んだことで振動によりゆがみが悪化、

こういう図式でギックリ腰になったと推察できます。

ゆがみ(潤滑不全)と炎症による痛みの違いは、

潤滑整復術を施した後の変化で分かります。

ゆがみだけだと、整復術後には普通に歩けますが、

炎症が伴うと、最低3日は痛みが取れないからです。

彼女の場合は、翌日の経過は、

不安感がある程度に鎮まっていたので、

ゆがみ中心の症状だといえるでしょう。

  • 潤滑整復術の施術(第一の矢)

これらに対して施したことは、

1.左右股関節に対する潤滑整復術、

直後チェック、腰の痛み残存。

2.左右仙腸関節に対する潤滑整復術、

直後チェック、腰の痛み軽減。

3.腰椎椎間関節に対する潤滑整復術、

直後チェック、腰の痛みさらに軽減。

4.腰背筋に対する潤滑整復術、

直後チェック、腰の痛みほぼ消失。

最後は、足先から腰椎までをチェックし、

歩様が改善しているのを確認して終了。

歩いて帰ることが可能な状態になりました。

施術時間は約30分でした。

翌日は、身体は重いが回復中ということでした。

  • まとめ

ギックリ腰は炎症というイメージがありますが、

確かに「荷物を持ち上げて傷めた」などは炎症ですが、

そうではなく、

「顔を洗おうとしたときにギクッと来た」など、

日常はなんともない姿勢で起こしたものは、

ゆがみによるギックリ腰の確率が高いです。

こんな時は、

関節の潤滑整復術は「一瞬にして楽になる」という、

絶大な効果があります。

この症例なども、

関節にとって潤滑がいかに大切かを表しています。

筋肉も同じで、

潤滑の悪い筋肉は伸び縮みしにくくなっていますが、

潤滑が良くなると一気に軟らかくなります。

もまなくても、

指を当てるだけの潤滑整復術で軟らかくなるのです。

この関節、筋肉、皮膚の潤滑整復術は、

私が考案したものではなく、

3人の達人師匠が開発したものですが、

これを統合したのはオリジナルであり、

20年かけて習得した最強技術の組み合わせです。

ただし、その技術を行使するというよりも、

「身体の声に耳を傾ける」がモットーなので、

必要に応じて最適な潤滑整復術を施すというスタンス。

Mさんには、再度トレーニング(第二の矢)で体力作りと、

朝の筋肉絞り体操(第三の矢)の復活など、

自己管理が出来る余裕を持ってほしいと願っています。

今回も、誰かの役に立ちますように。

————————-

「筋肉絞り体操・足腰サポート編」

(立ち姿勢で行う筋トレ体操セミナー)

・4月26日(金)14~16時

・5月18日(土)18~20時

・5月31日(金)14~16時

お申し込みは↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

各7名限定、天王寺にて開催

『10年後の常識!健康のツボ』

第621号 2019年3月26日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください