激増する薬物犯罪に敢然と立ち向かうのが麻薬取締官 第1,678号

 麻薬取締官、通称「マトリ」麻薬、覚醒剤、

MDMAなど違法薬物の摘発、密輸組織との

熾烈な攻防、「運び屋」にされた女性の

裏事情、薬物依存の子供の救済、ネッ

ト密売人の正体の猛追、危険ドラッ

グ店舗の壊滅……

 元麻薬取締部部長が薬物事犯の実態と知られ

ざる専門組織の実像を全解説。薬物犯罪撲滅

のために明かされた本邦初の稀少なドキュメント。

 マトリには、約300名の麻薬取締官が存在

している。麻薬取締官は薬物犯罪捜査と

医療麻薬等のコントロールに特化し

た専門家で、半数以上を薬剤師

が占めている。

 おそらく世界最小の捜査機関である。

名前は知っていても、その実態を認

知している人は少ないだろう。

 ところが、これがなかなか粋で鋭く使える

組織なのだ。歴史的にも日本の薬物対策

の推進に大きく貢献してきた経緯

を有している。

 結局、麻薬取締官の専門性が特徴である。

 麻薬取締官は、日々、地を這うような薬物

犯罪情報の収集に力を注いでいるが、他方

で健康被害をもたらすブツそのものも

ターゲットとして捜査、情報収集

を行っている。

 未規制の乱用薬物を麻薬等に指定する

のは厚生労働省の仕事である。

 私は常々、「一流の麻薬取締官」とは

どのような存在であるのかと、折に

触れて自問し続けてきた。

 その時、私が思い浮かべるのは

「鍋」のイメージだ。

 まず、取締官に必要と思われる要素を

メモ用紙1枚1枚に書き留める。

 たとえば「法令知識」「薬学知識」

「豊富な現場経験」「捜査能力」

「情報収集能力」「情報分析

能力」「行政能力」「語学力」

「国語力」といった具合だ。

 それを、水を張った鍋に入れて煮詰めてい

く。すると、水が蒸発する頃には「一人前

の麻薬取締官」と書かれた紙がにじみ出てくる。

 瀬戸晴海『マトリ。厚労省麻薬取締官』

  の詳細、Amazon購入はこちら

    https://amzn.to/2vj84VU

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください