理解を求めず素読と丸暗記することが天才を育てる 第 663 号

 これからの社会は右脳能力の育った人のもの

一流の音楽家は、演奏しながら楽譜を見て一瞬で

数小節、十数個の音符を読み取ってしまいます。

 囲碁や将棋の名人達は、さし終わった場面を

わけなく再現することができます。

 右脳にある、一目で映像として読み取って記憶

する能力を甦らせれば、生涯にわたって

ラクに有利に楽しく過ごせます。

 南方熊楠は、小学校に入ったばかりの頃、超人的

な記憶力を持っていて、近くの家に行き、その家

の本棚にあった『和漢三才図会』(105巻)

一冊ずつ記憶して帰り、書き写したとのこと。

 九州のある高校生が最福寺という真言宗のお寺に

通って、真言密教の行に熱心に参加しました。

 そして大学入試を受けたとき、ノートに書いた

ページがそのまま頭に出てきて、楽に答案が

書けるという体験をしました。

 右脳記憶を育てた生徒たちがいて、彼らは共通

して、「何か思い出そうとすると、頭の中に

映像が記憶が出てくる」といいます。

 右脳記憶はこのように、記憶が映像として

見えてくるのです。

 そしてそれは、右脳のイメージ性の記憶で、

トレーニングすれば誰にでも育てる

ことができる記憶の能力です。

 ロシアの国立超能力センターで、ヨガによる

直感記憶法の訓練が行われています。

 学生たちは、直感記憶法で日本の大学で2年間

かかる学習内容を、4週間でマスターして

しまうということです。

 短い言葉の大量繰り返し暗示は海馬の超記憶になる。

 現代でもユダヤ人やインド人は、記憶がとても

大切な学習法としている。

 彼らは記憶が、学術や仕事の上での成功の最も

重要な要因であることを知っているからだ。

 教育の原点は暗記・記憶にある。

 思考力や創造性の基本は記憶にある。

 理解を求めず、素読と丸暗記する

ことが天才を育てる。

 まず入力を多くせよ、量が質に転換する。

 優れた歌を次々と作詞することでよく知られた

サトウ・ハチローさんは、「先生の詩は実に

うまい。どうしてそんなにいつも良い詩

が作られるのか」と聞かれて、「それ

は私がたくさんの詩を知っているからです。

 暗誦できる詩なら5,000前後あるでしょう。

 構成を知っている詩だったら5万くらい

はあるでしょう。

 それがみんな頭の中に入っているから、

その一つ一つのパターンが詩を作るとき、

支えになっていい詩が書けるのです。

 それがないと、いい詩は書けません」

と言っておられます。

 幼児期に、漢籍の素読をやった人は、大きく

なって外国語、例えばドイツ語を習うとき

に、複雑な変化表を覚えるのに、少し

も苦労しない頭ができています。

 七田眞

  『超右脳記憶法:記憶が映像となって見える』

    の詳細,amazon購入はこちら↓

      http://amzn.to/1qNcIgz

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)