理解力は「高速で見る力」に追随する 第1,612号

 1日5分「見る」だけで500ページ超の本が

らくらく読める!どんなに読書が苦手でも、

忙しくても一瞬で読めて→理解して→

「頭も良くなる」!

 「言葉の思い出しトレーニング」などの練習

問題のほか、新問題として、7つの問題を追

加。この問題を1日5分やることで、自然

と速読がスムーズにできるようになり

ます。持ちやすいB6変型判なので、

通勤・通学中も、楽しみながら

トレーニングできます。

 なぜ多くの成功者は速読を

身につけたがるのか。

 ビルゲイツは、かつて「あなたがもっとも

ほしい能力は何か」と聞かれ、「本を高

速で読む能力だ」と答えた。

 彼以外にも、JFケネディ大統領や司馬

遼太郎など、速読を実践していた

人は、世界中に数多くいる。

 彼らは多忙だ。限られた時間のなかで

良質な情報を得るために、たくさんの

情報に触れ、良質なものを見極め

なくてはならない。

 新聞や本を読むスピードが速くなった

り、理解度が増すと、頭の回転が

速くなり、自信も生まれる。

 「読む」のではなく「見る」

を心がける。

 わたしの考える「速読ができる」とは、

読んで理解するのではなく、「見て

理解する、に切り替える」

ということ。

 速読トレーニングで頭の

回転を加速させる。

 早く見る訓練をすればするほど速度に

耐えうる理解力がついてくる。

 理解力は「高速で見る力」に追随する。

 「内容を理解すること」より「高速で見

ること」を優先してトレーニングする。

 速読は、筋トレと同じ。

 角田和将『頭の回転が3倍速くなる!

         速読トレーニング』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2PNidzY

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください