男として名指しされて断ることはできへん 第 1,777 号

大きな反響を呼んでいる、服部剛先生による
WEB限定連載「いま伝えたい服部剛の
感動の日本史講義」。

服部先生から届いた連載第2回は、
沖縄県最後の官選知事・島田叡の覚悟溢れる
生き方です。いまこそ私たちはその島田の
生き方に学ばなければなりません。

★いまこそ『致知』で教養・見識を高めよう!
『致知』の詳細・ご購読はこちら 

───────────────────

昭和20年1月、沖縄守備軍の司令官・牛島満中将
から「ぜひ島田叡君を」との指名がきます。

牛島中将は島田と旧知の間柄で、
二人とも西郷隆盛に私淑していたことが
機縁で肝胆相照らす仲だったのです。
沖縄戦を目前にした牛島中将は
「今、沖縄県知事をやれるのは島田君しか
いない」との確信を持って、知事就任の
要請をしたのでした。

沖縄を守るために最期まで烈々たる戦いを
指揮し、沖縄の土となった牛島満中将が見込んだ

島田叡とはどのような人だったのでしょうか。

当時43歳でエリート官僚として大阪府に勤めて
いた島田は、府知事から呼び出されて沖縄県
知事への就任を要請されました。

島田は「私が行きます」と即答しました。
島田は兵庫県神戸市の出身で、沖縄県とは
縁もゆかりもありません。

府知事は「君、家族もあるのだから、
相談した上で返事してもいいんだぞ。断って
もいいんだ」と言いました。

しかし、島田は 「いや、これは妻子に相談する
ことではありません。私が決めることです」
と答えたといいます。

帰宅後、妻の「なぜ、あなたが!?」
との問いに、島田はこう言いました。

「誰かが、どうしても行かなならんとなれば、
言われた俺が断るわけにはいかんやないか。
俺が断ったら誰かが行かなならん。

…これが若い者なら、赤紙一枚で否応なしに
どこへでも行かなならんのや。俺が断れるから

というので断ったら、俺は卑怯者として

外も歩けんようになる」

のちに島田はこうも言っています。
「牛島さんから赴任を望まれた。男として
名指しされて断ることはできへん」。

こうして、1945年1月31日、
島田叡は沖縄県知事として単身、赴任
しました。

島田の荷物はトランク2つだけ。
中には衣服と茶道具、薬、『南洲翁遺訓』と
と『葉隠』。そして、ピストル2丁。
胸ポケットには青酸カリが入っていました。
決死の覚悟が窺えます。

県庁職員を前にした島田知事の挨拶は次の
ようなものでした。「本当の奮闘はこれからだ。
一緒に……

★この続きはWEBchichiで詳細はこちら 

 今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください