目前にあるハードルを乗り越えていくための勇気は読書で学ぶ 第 936 号

 稼ぐためだけの読書があってもいい。

本好きからしてみれば一見、反発

したくなる言葉かもしれない。

 しかし年収はどんどん下がり、若くして

出向やリストラを余儀なくされることも

多い時代にあっては綺麗事を抜きに

した“本音”の読書術が求められている。

 今こうして本を書いて生きていられる

のも、これまで膨大な本を読んで

きたおかげだ。

 つべこべ言わず、まずベスト

セラーを買え。

 何かを教わろうと思ったら、

まず行動を起こすことだ。

 自分と相性のいい作家と出会ったら勝ち。

 相性のいい作家は恋愛と

同じで直感でわかる。

 大好きな作家の言葉があなたを支える。

 断言してもいいが、稼ぎたければ

ビジネス書や自己啓発書を読む

のが一番の近道だ。

 たいてい歴史や哲学の豆知識も頻繁に

登場するから、頭も良くなる

のは間違いない。

 具体例が豊富な本は、お買い得。

 20年以上増刷を繰り返している

成功哲学書は、本物。

 ビジネス書のロングセラーをネットで

調べて、あなたも本物のビジネス書を

繰り返し読み、全身の細胞に刷り

込んでおくことだ。

 長期的に成功したいなら、長期的に

成功している著者の本を読む。

 読書日記をつけるより、とりあえず

試したほうが一発で憶えられる。

 命がけの暴露本は、最高の情報。

 出かける際には、必ずペン

と本を携帯する。

 少しでも浮かんだアイデアを漏れなく

メモしていれば、必ずあなたは

稼げるようになる。

 ペンを携帯していないのは、将来の1億

円をドブに捨てているようなものだ。

 私はすべての仕事を終わらせて時間を

持て余すと、よくホテルの喫茶

ラウンジに出かける。

 その際に必ずペンと本を携帯するの

だが、アイデアが溢れてくるものだ。

 アイデアが頭に浮かんで消えるまでの

時間は、たいてい2秒以内だ。

 まるで電光石火の如く猛スピードで

過ぎ去っていくが、ペンさえ

あれば逃がさずに済む。

 枕元には必ず数本のペンと、

開いたノートを置いておく。

 アイデアが生まれやすい環境で

見逃せないのが寝室だ。

 本棚は、背表紙をすべて眺め

られるものがいい。

 独りブレストをするのにお勧めなのが、

本棚に並んだ背表紙を眺めることだ。

 私はこれを自分の書斎の本棚でも

よくやるが、書店でもよくやる。

 自分の書斎の本棚に並んでいるのは、

過去の自分がわざわざ身銭を

切って購入した本だ。

 本棚を眺めるだけで無限の叡智を

授かったような気分に浸れるか

ら、私はこれが大好きだ。

 アイデアを出したければ、本棚を眺めて

ピンっときた数冊をパラパラめくる、

すると運命の言葉に出逢うのだ。

 何となく自分が求めた本からは、

何か1つでもメッセージを受

け取る習慣にしよう。

 その習慣の積み重ねが、これから

あなたに無限の富を生み出すのだ。

 贔屓の著者が発信している情報

には、すべて目を通しておく。

 稼ぎ続ける人が持つ「独特の

世界観」に触れる。

 本気で稼ぎたいなら黙って、身近で一番

稼いでいる人から教えてもらった著者

の作品をすべて読むことだ。

 自分だけの世界に入り込んで本を読めば、

そこがあなたにとって最高の読書になる。

 新しい世界の新規開拓には、ネット書店

ではなく、大型リアル書店が一番だ。

 行き詰ったら大型書店に駆け込む。

 100冊単位で人脈は入れ替わり、

年収がアップしていく。

 セールスマンも関連の本を100冊

読んで、トライ&エラーをひた

すら繰り返せば、人脈は入れ

替わり年収がアップしていく。

 つべこべいわずに、100冊読む。

 本質はいつも呆れるほどにシンプル。

 千田琢哉『読書をお金に換える技術』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/1Odl2Ed

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください