真実を追究する姿勢は失わないように努めます 第1,600号

こんにちは、

岡田です。

前回は「正しい歩き姿勢は美と健康を兼ね備える」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12548527139.html

つき詰めると、美しい歩き姿勢の歩行とゆがみを直す歩行、

そして、健康な身体をつくる歩行は同じという内容でした。

今回は第三の矢関連のお話、

「ハイヒールが身体に悪いは間違いだった」です。

久しぶりにアメブロデビュー当時、

3年前の自分が書いたブログを読み返したら、

いまと真逆の結論になっている記述があったので、

まずは、これを訂正したいと思います。

  • 図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12551406777.html

—————————

『歩行整体メソッド』とは、

三本の矢による、

回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢 ゆがみの潤滑整復術

第二の矢 ゆがみのトレーニング

第三の矢 ゆがまないセルフ整体

現在、見える化を図っています。

—————————

(まずは反省から)

3年前、わたしは↓のブログをアップしました。

当時の見解は現在と反対だったので、

まずは反省から、関連部分を抜粋します。

2016.5.24掲載文より—————

まずは履き物による質の悪い歩行から。

脚はきれいに見えるのでとても残念ですが、

一番質の悪い歩行となる履き物はハイヒールです。

ハイヒールを履くと、

踵からつま先へと移る体重移動がうまくいかないのです。

踵が高いので重心がつま先に寄り、

姿勢が前のめりになってしまいます。

それを矯正するために背中を反らすという力が働きます。

つまり、腰から背中にストレスがかかるわけです。

ですからハイヒールで歩くと、

歩けば歩くほどストレスが溜まります。

ストレスがつま先、ひざ、腰、背中、首などにかかり、

慢性になると様々な不調を訴えるようになります。

一番大事な骨盤の3つの関節がうまく機能せず、

歩行による矯正もままならないというのが現実です。

・質の悪い歩行とは(履物の悪影響)

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12163473396.html

—————-ここまで

今読むとハッキリ分かるのですが、

当時はまだ気づいていないことがあったのです。

それは、バランスによる筋肉の使い方の違い。

自分で書いた文章で責任があるので、

この機会に訂正させていただきます。

ここから—————

履き物によっては、

質の悪い歩行になることがあります。

一番質の悪い歩行となる履き物は、

サイズが合っていないシューズです。

なぜなら、

大きすぎると足の位置が定まらず歩行が乱れ、

小さすぎると足の一部を刺激して傷めてしまうからです。

ハイヒールは健康に良くないと考えられていますが、

足に合っている場合はそんなことはありません。

踵が高いので重心がつま先に寄りますが、

足にぴったり合っている場合は好影響もあります。

それは、背筋が伸びることで

インナーマッスルが使いやすくなるからです。

そこで問題になるのはバランスです。

骨盤に寄りかかるようなバランスで歩けば、

つま先、ひざ、腰、背中、首などにストレスがかかり、

慢性になると様々な不調を訴えるようになります。

この場合は、骨盤の3つの関節はうまく機能せず、

整体歩行とは真逆の結果となってしまいます。

一方、良いバランスとは骨盤に寄りかからずに、

みぞおちの奥を意識して、

背骨の横から両足が伸びている意識で歩けば、

健康に良い歩行姿勢ができるようになります。

なので、

ハイヒールという履き物が悪いという考えは誤りで、

どこを意識して歩くかという、

バランス、重心のかけ方こそが問題なのです。

インナーマッスルを鍛えると、

さらに安定してバランスさせられるようになります。

—————-訂正終了

古い情報とはいえ、

間違ったと思えばすぐに訂正するのが反省行。

いつもベストを尽くしているつもりでも、

認識力に限界があるのが現実です。

だからこそ、努力精進しかありませんね。

これからも、

さらに掘り下げてチャレンジし、

真実を追究する姿勢は失わないように努めます。

————————-

インナーマッスルの筋トレ

健康セミナー&筋肉絞り体操実習セミナー

・1月11日(土)18~20時(天王寺)

・1月24日(金)14~16時(天王寺)

・2月8日(土)18~20時(天王寺)

・2月28日(金)14~16時(天王寺)

セミナーの日程は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第657号 2019年12月3日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください