短眠で質の高い眠りを得るには体を動かさなければならない 第 447号

 最近ではビル・ゲイツら一流ビジネスマンの人達

から、古くはエジソンから野口英世に至るまで、

成功者達はみな、1日3~4時間といった

短い睡眠で、いい仕事を成し遂げてきた。

 なぜ彼らは、そんなことが可能なのか。

 そのカギは「朝脳」を活性化する、深く短い

“眠り方”にあった! 

 日本における「短眠法」の第一人者が、自らの

体験も踏まえ、誰でも無理なく身につき、自分

の持てる能力を最大限に引き出してくれる

「短眠法」を大公開した一冊。

 私自身は3時間睡眠を始めたことで得られた

時間を、自分の著作や講演のための情報

収集に使ってきた。

 毎週50冊以上の本を読み、週刊誌や雑誌、

新聞もまんべんなく目を通す。

 「短眠力」をつけるには、少食にする必要があり、

また肉や油の量も減らしたほうがよいという

結論に達した。

 昼間の過ごし方が眠りの質に直結する。

 短眠で質の高い眠りを得るには、昼間は少し

疲れるくらい活動することだ。

 具体的にいえば、体を動かさなければならない。

 ストンと眠れるヨガの熟睡のポーズ。

 それは、屍のポーズ、くつろぎのポーズ

などと呼ばれる。

 禅の修行には座禅のほか、立禅や臥禅と

いうものがある。

 臥禅は仰向けに寝て行う禅である。

 15分間の臥禅は3時間の休息に匹敵すると

いわれている。

 アスリートが行うイメージトレーニングという

ものがある。

 自分が試合に勝つことを、しっかりイメージ

すると、失敗せずに実力を発揮できる

という方法である。

 ビジネスの世界にもイメージトレーニングを

活用している経営者は多い。

 会社の事業が成功したイメージを頭に描く

ことで、実現しやすくなるのである。

 「短眠」でいえば、「2週間プログラム」が

終わった後、自分の生活がどのように変わって

いるのかをしっかりイメージ化することだ。

 藤本憲幸『人生が変わる短眠力』

   の詳細、amazon購入はこちら↓

      http://amzn.to/1ieTdIf

 今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)