私たちは自分で親を選んで生まれてきます = 2-1 = 第 305 号

 はきものをそろえる、胸をはる、笑顔をつくる、

メモをする、空をみる、あたたかくする、トイレ

そうじをする、捨てる、神社にいく、花や草木

にふれる、お財布の中を整理する、プチ断食を

する、寄付する、両親に感謝を伝える…誰

でもできることなのに、成功者しか

やっていない、33の不思議な法則。

 「はきものをそろえる」ための目的、モチ

ベーションって、一体、ナンだと思われます?

 私が考える「はきものをそろえる」ための

目的、モチベーションとは…、ズバリ!

「自分をほめるため」です!

 自分を気持ちよくして、自らをいい気分に

するために、「はきものをそろえる」のです。

「はきものをそろえる」のは、誰のため

でもありません。

  あくまで「自分のため」「自分の気分を

よくするため」、つまり自分にメリット

があるから、「はきものを

そろえる」のです。

 ある教育関係の専門家の方は、

こうおっしゃっていた。

 「一日に一度でも家族全員がそろって

食卓につき、笑顔で話をしながら食事

を食べることが、子供にとって最高

の教育で、それさえ出来ていれば、

あとは何の心配もいりません」

 確かにそうかもしれません。その食卓で

子供たちは、家族という温かい安心の

エネルギーを食べているのでしょう。

 何を食べるのかよりも、誰と食べるのかの

ほうが、エネルギー的にみれば、

より重要です。

 私が考える「瞑想」とは、「本当の自分、

内なる自分と向き合い、つながるために、

静かな一人の時間を持つこと」に

他ならない。

 無意識にボーっとするのではなく、意識的に

一人でボーっとするのです。

 そのとき、雑念が出てくれば、その雑念を

無理に消そうとしたりせず、ただ

ボーっと眺めます。

 また、フッと浮かんだアイデアや思い出した

ことがあれば、メモを残しておき、誰かの

顔や名前が出てきたら、出来るだけすぐ

その人とコンタクトを取ってみてください。

 それがあなたの直感力を磨くための、最適の

エクササイズにもなると思います。

 成功者の習慣として、必ず出てくるのが、

この寄付するという習慣です。

 「喜びと共に分かち合う」「大好きな人や

お店、企業を応援する」「感謝と共に気持

ちよく差し出す」この3つが私の考える、

「お金が喜ぶ使い方」であり、

新しい寄付の作法です。

 私たちは自分で親を選んで生まれてきます。

 「あなたの子供として、生まれたい」と

希望して来たのは、まぎれもなく子供の側です。

 「覚えがない」だけで、子どもが親を選び、

子供になることを決めているのです。

 「お母さん、お父さん、ありがとうございます」

を一人でつぶやくだけでもOKです。

 それを習慣にするだけでも、確実にあなたの

人生は変化することになるでしょう。

 「両親に感謝する」という行為は、それほど

パワフルな、まさに「魔法の習慣」なのです。

 人生を創造する道具は3つ。「想い、

言葉、行動」。

 「あなたの習慣が、あなたの人生を創って

いる」という言葉は真実です。

 私は21世紀に必要な能力は、「独創性」や

「オリジナリティ」ではなく、「編集力」や

「コーディネート力」だと思っている。

 知恵や情報、スキルやテクノロジー

はもう十分だ。

 これからの時代は「組み合わせ」である。

 そのセンスがこれからの時代に最も

求められるスキルである。

 新しい習慣を定着させるには、「ひとつ」に

絞るのではなく、「下手な鉄砲、数打てば

当たる」方式を採用してください。

 習慣にはやはり、向き・不向きがあるので、

最初から全部を完璧に身につけようとする

のではなく、いろいろ試してみた上で、

続けられそうなものを使ってみてください。

 「履き物をそろえる」ための目的、モチベー

ションは、「自分をほめるため」。

 「こんなことをする私って、なんて、いい

ヤツなんだろう」と自画自賛、自己陶酔

するために、「はきものをそろえる」のです。

 さらに、より自分をホメやすくするため、

「人知れずやること」と、「自分のもの

以外の履き物をそろえること」

にトライしてみましょう。

 魔法の習慣は、「メモする」こと。

 

 成功者は、ほとんどがメモ魔である。

 メモはメモすること自体に意味がある。

 メモをした時点で、その情報のインプット

も、アウトプットも完了している。

 文字を書くという行為は、現実的な形を

作るための基礎、設計図になる。

 「手をあたためるだけで、人は他人に

優しくなれる」。

 病気や傷ついている人を看病することを

「手当て」という。

 手当ては、ヒーリングにつながる。

 他人に温かく接したいと思うのなら、

まず自分を温かくすること。

 はづき虹映『運命の波にのる魔法のクセ』

        の詳細,amazon購入はこちら↓

            http://amzn.to/1QL8mnZ

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)