私たちは自分で親を選んで生まれてきます = 2-2 = 第 306 号

 「トイレ掃除をする」のは、「金運アップの

ためにやる」。

 確かにトイレがキレイなお店は間違いなく、

繁盛しているお店です。

 トイレの状態を見れば、そのお店の経営状態が

わかるというのは、コンサルタントの間の

セオリーである。

 そうじを徹底することで、お店の経営状況は

確実に上向く。

 「神社にいく」のは、あなたが「本当の

あなた」と対面する場に他ならない。

 神社でのお賽銭は、「ポチ袋」を用意して、

「御礼」「御玉串」「神恩感謝」など書き、

自分のフルネームを書き添える。

 それをポチ袋に入れて、お賽銭箱にそっと

すべらすようにする。

 「ヒラメキ」とは、「なんとなくの感じ」。

 ポイントは、「ヒラメキを裁かないこと」。

 「元にもどす」。

 私はホテルに泊まり、部屋を出るとき、できる

だけ「元にもどす」ということを心がけている。

 あるホテル関係者の方から聞いた話によると、

安いホテルほど、宿泊者がチェックアウト

した後の部屋が散らかっているそうです。

 逆に高級なホテルになればなるほど、

キレイに片付いているそうです。

 「タダだから、全部もらっちゃえ」とか、

「お金を払っているんだから、汚しても

当然」というメンタリティでいる限り、

残念ながら、本当に豊かになること

も、成功することもできません。

 本当に幸せで成功している人ほど、見え

ないところできちんとしているものです。

 それは「すべてがエネルギーで成り立って

いる」と知っているからです。

 「本を読む真の目的」とは、何かの情報

を得るためではなく、自分の中に在る

「答え」を引き出すためである。

 あなたのお財布の状態が、あなたの経済

状態の象徴である。

 断食を経験してみると、わかること、

気づくことがたくさんある。

 「空腹こそ、最高の調味料」食材や調理者

に対する感謝の気持ちも自然に湧いてくる。

 「もったいない」という言葉の意味も実感

することができる。

 まず最初は「あいさつをする」こと。

 人生はすべて、人と人が出会う

ことから始まる。

 運命とは、人との出会いによって、「運ばれ

ていく私の命」という意味。

 「運命」を決めるのは、人との出会いであり、

その人との出会いの最初の扉が、「あいさつ」

に他ならない。

 ハワイのヒーリングメソッドは、たった

4つの言葉を唱え続けるだけで、あら

ゆる問題が自然に解決されていく

という画期的な技法。

 「ホ・オポノポノ」と呼ばれるハワイに

古くから伝わるこの技法は、

「ごめんなさい」

「ありがとう」

「許してください」

「愛しています」

という言葉を繰り返し唱えるだけという

極めてシンプルなもの。

 誰かのために、謝るのではない。

 自分のために、謝るのである。

 自分を癒し、自分のネガティブな部分を

受け入れるための「魔法の言葉」が、

「ごめんなさい」であり、「許し

てください」なのだと、思います。

 「手書きハガキ」には、あなたの波動が

染み込みます。

 ハガキを書くときのポイントは、相手の

ことを「ほめる」「感謝する」「敬う」

の3点である。

 成功者と呼ばれる人は、筆まめです。

 わたしの人脈構築術は、手書き

ハガキだけである。

 なにはともあれ、とにかく書いてみる

ことが大切です。

 コミュニケーションとは、話すこと聴くこと。

 はづき虹映『運命の波にのる魔法のクセ』

       の詳細,amazon購入はこちら↓

            http://amzn.to/1QL8mnZ

  今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)