私は機能回復のきっかけ作りをしたに過ぎないのです 第1,720号

こんにちは、

岡田宰治です。

前回は「50代からは安全で楽な筋トレを!」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12585756187.html

インナーマッスルを一定期間鍛えてから、

過負荷の筋トレをやるのが良い方法という内容でした。

今回は「パーソナルトレーニングは治療の一部」です。

  • 図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12587423943.html

————————————–

『歩行整体』とは、

三本の矢による、

回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢(回復)ゆがみの潤滑整復術

第二の矢(補強)ゆがみのトレーニング

第三の矢(自立)ゆがませないセルフ整体

現在、見える化を図っています。

—————————

(なぜ、パーソナルトレーニングは治療の一部なのか)

先日、訪問先のご家族との会話で、

こんなやりとりがありました。

「インフルエンザは薬が治すんですよね」

「そんな話、聞いたことないですが」

「ええっ、本当ですか??ではどうやって治るんですか」

「本人の自然治癒力が治すんですよ」

「そうなんですか??」

「薬でも治療でも同じですよ、本人が治すんです」

「初めて聞いた……」

「だから、免疫力を高めることが大事なんですよ」

これ、以外に気づいていない人が多いです。

薬にしても治療にしても、

本来もっている回復力を引き出すお手伝いということ。

私たちは治療家と呼ばれていますが、

それは、痛みやしびれなどの、

不調を解消させるためのお手伝いが、

仕事のメインになっているからです。

たとえば、

私がいつも行っている潤滑整復術を例に説明します。

これは骨格、筋肉、皮膚を診ることで、

からだのゆがみの情報を読み取り、

解消させるために潤滑整復術という手技を施します。

人によって手間は変わるものの、

30分程度で全身の潤滑が整ってきます。

その結果、

「スゴイ!めちゃくちゃ楽になりました」とか、

「首がこんなに回るようになりました」など、

治してもらったかのような錯覚をされる方が多いです。

しかし、種を明かせば、

本来持っている機能が働くようになっただけ、

車でいえば整備して調子が良くなったのと同じです。

私は治したのではなく、

機能回復のきっかけ作りをしたに過ぎないのです。

(パーソナルトレーニング)

では、パーソナルトレーニングではどうか、

実際は治療家の仕事と原理は同じです。

その前にパーソナルトレーニングについて、

簡単に説明しておきましょう。

パーソナルトレーニングというのは、

一般的にはマンツーマンの運動指導を指します。

ある目標に対し青写真を書き、

毎回、体調や体力に応じたプログラムを組み、

一定の期間または一定の回数運動指導する、

この工程全体のことをいいます。

たとえば、

腰痛もちの人が腰痛を解消させるために、

弱点解消のためのプログラムを組み、

経過を観察しながら修正し、

目標に向けてマンツーマンで運動指導を行います。

以前は、その症状を解消させる目的で、

潤滑整復術を行っていたので、

症状が消えた段階で終了となっていました。

しかし、このような一時的な対処法では、

体の弱点は補強されずに残っているので、

また、同じトラブルに見舞われてしまうのです。

そして、だんだんモチベーションが落ちてきたのですが、

あるとき、気づきました。

「こんなことでは同じことの繰り返し」

「これでは何の進歩もないじゃないか」

「補強まで面倒見てあげなきゃ」

この治療家としての悩みを無くしてくれたのが、

パーソナルトレーニングという補強法でした。

————————————–

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。

https://www.reservestock.jp/subscribe/83936

——————————————

(これを取り入れたら世界が変わる)

もともと、治療の中に、

ホームケア用のワンポイント体操を指導していましたが、

片手間でやっていても伝わらないので効果が出ません。

なぜなら、

こちらも片手間、クライアントも片手間、

だから当然ながら結果が出ないのです。

そこに手を打つことが出来るようになったのです。

そして、何より変わったのは、

クライアントの人生に貢献できるようになったこと。

たとえば、

病気がちのクライアントが健康になり、

希望を持って人生を歩めるようになったとか、

節々の痛みや虚弱が原因で、

なにごとにも自信がもてなかった人が、

やりたい事ができ行きたい所に行けるようになった、

こんな形でクライアントの開運に関われるようになりました。

これは、クライアントだけではなく、

治療家にとっても、

何ものにも代えがたい生き甲斐といえます。

若い頃は、症状を取るための技術に明け暮れていましたが、

今では「生き甲斐の次元が変わった」、

といっても過言ではないでしょう。

私の弱かった半生のように、

病弱や不調を抱えているクライアントに対し、

回復~健康づくりまで寄り添えて、

それを手伝うことで喜んでもらえる喜び、

これは格別の物があります。

治療家が行うパーソナルトレーニングは、

本物の健康を手に入れたいクライアントにとって、

人生の希望につながる重要な仕事だということと、

治療家にとっても対症療法とは次元が違う、

生き甲斐を感じることが出来るということ。

このように、パーソナルトレーニングは、

これからの治療業には、

なくてはならないスキルだと考えています。

今後は、治療家が行うパーソナルトレーニングを、

もっと普及させたいと願い現在活動をはじめました。

関心がある方にはご案内をしますので、

下のセミナーに参加されるか、

「治療家パーソナル」という題でメールください。

————————————–

姿勢改善法&若返り筋メソッド実習(定員4名)

・4月11日(土)17~19時(当研究所)担当岡田宰治

・4月22日(水)14~16時(当研究所)担当岡田よしえ

セミナーの日程は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第675号 2020年4月8日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください