米中戦争の引き金や火種になりそうな場所 第1,614号

 米国と中国が戦争に至る確率は、70%以上―。

トランプ政権で大統領補佐官を務める「対中

戦略のブレーン」が、米中戦争の可能性

を徹底分析。急速に攻撃能力を増し

ている中国と、アジアでのプレ

ゼンス維持に苦慮する米国。

 両国の軍事・政治・経済、そして地政学的

リスクを検証し、米中衝突の防止策を探る。

 最前線の情報をもとに、米中戦争の

地政学を鮮やかに読み解く。トラン

プ政権で最も注目される大統領

補佐官(通商担当)による分析

で、日本の未来が見えてくる!

 経済成長のために必要な原油の中東からの

輸送ルートは太平洋地域の制海権を持

つアメリカに抑えられている。

 空母と同盟国の基地を主体にした米軍に

対抗するため安価な移動式のミサイル

で叩くという「非対称兵器」 の

開発を中国は進めてきた。

 南シナ海や尖閣諸島の海底に

巨大な油田が発見された。

 南シナ海や尖閣を囲む第一列島線。その

内側の制海権を中国は握りつつある。

 歴史上、既存の大国と台頭する新興国が

対時したとき、戦争に至る確率

は70%を超える。

 アヘン戦争から日本降伏までに

中国が味わった恐怖

 1839年にイギリスとの第一次アヘン戦争

によって始まり、1945年の日中戦争終結

まで続いたこの「屈辱の100年間」に

中国は、軍事支配、海上封鎖、領土

の割譲、多額の戦争賠償金、主権

の侵害、 大量虐殺など、現在の

中国が恐れているものをすべて経験した。

 中国が輸入する石油の70%は

マラッカ海峡をとおる

 海上封鎖されれば中国経済は壊滅する

 しかし、中国の抱える海上交通路のジレンマ

は、交通量が多く、しかも容易に封鎖され

得るマラッカ海峡だけではない。

 世界一の原料消費国である中国は、石油の他

にも、アフリカや南米など遠方の大陸から

アルミナ、セメント、銅、木材、ニッ

ケル、鉄鉱石など膨大な量の資源

を輸入している。

 中国の狙いは南シナ海の天然資源である

 こうした経済的・安全保障上の重要性を考え

れば、南シナ海が激しい紛争の中心になっ

ていることも驚くには当たらない。

 米中戦争の引き金や火種になりそうな場所

は、少なくとも二カ所ある。

 世界一高い法人税のせいで米国の

金と技術が流出している

 ピーター・ナヴァロ『米中もし戦れば:

            戦争の地政学』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/35fofkj

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください