精度の高い仮説を導き出し.現実に合う脳内シュミレーションができる人 第 701 号

 物事に対してさまざまな仮説を立てることで、

発想の幅が広がります。“仮説力”を鍛える!!

 これらの仮説を通して、日々の現場で役立つ

理系的な発想法を紹介しています。

 普段は触れることの少ない「科学」に秘められた

数々の「仮説」を知ることで、コチコチ頭が

やわらか頭へと変わります。

 できる人ほど脳内シュミレーションをしている。

 仮説力とは、次の一手を読む能力のこと。

 できる人には仮説力がある。

 科学力とは、仮説力である。

 仮説力とは、大人になって社会に出てからも、

子どものような想像力を駆使して、あら

かじめ頭の中にシナリオをたくさん

書いておくことに他ならない。

 情報収集により、あらかじめ複数の「仮説」

を用意しておくことは、ビジネスの

ための発想力に欠かせない行為。

 人づてに何がしかの情報を仕入れているか

どうかで、大きな差がつくことはよくある。

 ビジネスは結局、情報収集能力にかかって

いる、といっても過言ではない。

 市場トレンドを読むのが上手な人というのは、

最初に適度に多くの仮説をもっている

 その中から、より精度の高い仮説を導き出し、

現実に合致するような脳内シュミレーション

ができる人というわけだ。

 驚きや新たな発見を数多く体験し続けること

で、脳内シュミレーションは活性化し、その

結果、精度を上げることができる。

 また子供のころから、イマジネーションを

大切にし続けるということも重要だ。

 竹内薫『仮説力』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

    http://amzn.to/2rmJRth

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)