素晴らしい子守唄を日本人の心に取り戻す 第1,731号

年間約16万件にも上るという日本の児童虐待
問題。現代人の心にいま何が起きている
のでしょうか。

先達が残した大切な財産ともいえる
子守唄の伝承・普及に取り組む西舘好子
さんに、いま日本人に知ってほしい、
子守唄の力について伺いました。

★西舘さんのインタビューを掲載!
『致知』最新号「先達に学ぶ」の
詳細・ご購読はこちら 

───────────────────

(西舘)
子守唄って、お母さんの匂いとか、リズムとか、
音の高低とかを感じながら、体が覚えていく
唄なんです。心の原風景として、無意識の中に
刷り込まれていく唄なんですよ。

この子守唄をいまの人に
もっと伝えていかなければならないと強く
思ったのは、やっぱり痛ましい虐待事件が
が増えているからです。

無条件に信頼できるはずの親から投げ飛ばされ
たり、蹴られたり、寒いところに追い出され
たりっていう悲惨な記憶が心の原風景に
刻み込まれてしまったら、

その子の生涯にどれほど傷を残すだろう
かって思うと、胸が張り裂けそうになります。

そういう原風景を持った子は、
大きくなったら自分の親と同じことを
繰り返して虐待が連鎖する怖さもあります。

それだけに、人間の無意識の中にある
原風景に子守唄を注ぎ込んだっていうのは、
先達の素晴らしい知恵だと思うし、
その素晴らしい子守唄を日本人の心に取り
戻すことによって、いまの状況を少しでも
変えていけるんじゃないかと思っているんです。

(――子守唄には先達の知恵が詰まって
             いるのですね。)

(西舘) 
子守唄っていうと、古い、暗い……

★各界一流の方々が多数ご登場!
最新号「先達に学ぶ」が発刊されました!
詳細・ご購読はこちら 

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください