絶対勝つんだという気がある人は才能を超える能力を発揮する 1,968号

『致知』1月号!表紙を飾って
いただいたのは、ユニクロを擁するファースト
リテイリング会長兼社長の柳井正氏。

FC今治オーナーの岡田武史さんとご対談いた
だきました。このコロナ禍にあってもユニクロは
過去最高益を更新する見込みだといいます。

柳井氏は、逆境におけるリーダーのあり方につい
て詳しくお話しされています。
最新号はこちらから

───────────────────

(柳井)

先ほど1勝9敗と言いましたが、
そうした経営人生を踏まえて実感しているのは、
成功するには事前の計画、
そして実践が大事だということです。

ビジョンを掲げて背中で引っ張る、言葉で引っ
張る。引っ張るだけでなく、
社員が自律して自ら頑張らなければいけない
ですね。トップダウンとボトムアップが
両立する組織でなければなりません。

スポーツと同じで、
監督一人が頑張っている組織ではダメです。
選手一人ひとりが元気に活躍する
組織でなければうまくいきません。
一番いいのは、すべての社員が
トップの経営者だと思って仕事することです。

ですから私は、「全員経営」と
「グローバル・ワン」、世界で一番よい方法で
経営していくことをモットーにしてきました。

本当に能力のある社員が世界中どこでもそこの
トップに立って経営できる会社を目指しているん
です。

(岡田)

各人がそういう高い意識を持つには何が必要で
しょうか。

(柳井) 

まずはそれをやってやろうという
気がないといけないでしょうね。
スポーツと一緒ですよ。
絶対勝ちたい。絶対勝つんだという気がある
選手は、才能を超える能力を発揮する。

リーダーはそれを踏まえて、
各々の専門性をうまく発揮させ、
皆の気持ちを一つにもっていくことだと
思います。

●お2人の対談には、人生や経営のヒント
が満載。詳しくはこちら

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝! 

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください