繰り返し読むこの回数の多さが記憶の秘訣の一つだ 第 861 号

 思考力、発想力、知識力、語学力、集

中力、世界の「知」と「富」を握る卓

越した能力はなぜ、身につくのか。

 物事に疑問を持ち、自分の力で独創的な

答えを導き出す思考力の伸ばし方とは――。

 65億人の人間が地球にいるが、その中で

ユダヤ人はわずか1400万人しかいない。

 それなのに学問やビジネスで大きな

存在感を示している。

 ユダヤ社会に息づく勉強法には

いくつかキーワードがある。

1.何事にも疑問を持ち、問いを設定する

 能力を身につける。

2.読書によって知識を広げる。

3.褒めることで自尊心を育む。

4.複数言語を習得する。

 タルムードは全30数巻。

 紀元500年ごろ主としてイラクのチグ

リス川とユーフラテス川に囲まれた、

豊穣の地バビロニアで完成した。

 律法集、歴史書、格言集、言行録、民話

伝承集、民族学集、博物学辞典、百科

事典、医学書、哲学書、文学全集

を収録したユダヤ学の総合体系全集だ。

 トーラーやタルムードの勉強はユダヤ人

にとって面白い。

 ユダヤ人は、大量の読書を大切にする。

 アメリカのエリート教育では、

大量の読書を求められる。

 実社会は唯一の正解などない世界です

から、大量の読書で培った知的競争

力が武器になる。

 読書を幼い頃に習慣にすれば、大人に

なっても読書を通して学び続ける

ことになる。

 学生時代には、テレビやパソコンで流行

すたりのある情報に接するよりも、古典

などを読んで、将来の知的競争力を

育む土台を築くことが大切だ。

 ユダヤ人の多くが世界に股をかけて活躍

しているのは、幼少期より複数言語に

触れていることに理由がある。

 3ヶ国語を話す人も珍しくない。

 語学教育の方法は暗記法と同じ。

 繰り返し音読を行い、読み聞かせ、幼い

頃から音と体感で頭に染み込ませる。

 子どもが幼い頃からいくつもの言葉を

しゃべるように実地訓練を行う。

 まず音で覚えた後で、読み書きが

できるようになる。

 脳を活性化する記憶術。

 それほどの語学力を身につける秘訣は

脳を活性化させる記憶術にある。

 語学の学習は、暗記の学習でもある。

 ユダヤ人のラバイは、膨大な宗教文書

を完璧に暗記している。

 ユダヤ人の記憶術の秘訣は、聖書を常に

座右において読み続けることにある。

 繰り返し読むために、この回数の

多さが、記憶の秘訣の一つだ。

 ユダヤ人は聖書を黙読だけで

なく音読もする。

 欧米には英語で「植民地」を広げて

いくという発想がある。

 日本人にはそういう発想がないが、

海外にいれば理解できる。

 ITや金融で使う用語を考えて

みれば、一目瞭然だ。

 リスクの分散とコントロールで生き残る。

 ユダヤ人は、物事の根源的な構造を

問い続けることがある。

 これは自分の身の回りの物事を

深く考える習慣を生む。

 身の丈を知り、大勝負に出ないことも

ユダヤ人のビジネス感覚だ。

 ユダヤ人は「メンツのために損を覚悟で

最後まで」という気持ちはまず持たない。

 リスク分散、現実主義、

損切り、そして契約。

 ユダヤ人はこうしたビジネス感覚を人生

を通して学んでおり、結果としてビジ

ネス界での成功に役立っている。

 ユダヤ人は19世紀ごろまでは「物づく

り」ではなく、商業や金融でビジ

ネスをしてきた。

 商業や金融は当時、他にまねする人々

のいない分野で、仕組みづくりの

ビジネスだった。

 また誰に教わったのでしょうか、しっ

かりと金、銀、ダイヤモンドのほか、

21世紀の産業に必要なレアメタ

ルの鉱山も押さえている。

 グローバルなキャリアを考える。

 問い続けることでニュービジネス

が生まれる。

 日本の世界での存在感は、政治力

ではなく、その経済力の大きさ

によって保たれている。

 石角完爾『ユダヤ人国際弁護士が

       教える天才頭脳のつくり方』

   の詳細,amazon購入はこちら↓

     http://amzn.to/2b6TS52

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください