自分で自分を好きになる.誰からも評価されないことを一生懸命やってみる 第1,724号

本日は、小林正観さんのベストセラー
『宇宙を貫く幸せの法則』の
内容の一部をご紹介します。

本書に収録されている
「幸せに関する100の法則」とは
どんなものなのでしょうか?

…………………………………………
●言えば言うだけ
…………………………………………

自分の口からでてくる言葉は、
「言えば言うだけもう一度
 それを言いたくなるような現象が降って
 くる」というのが、宇宙の法則です。

…………………………………………
●させてくださって、ありがとう
…………………………………………

何かをしてもらって「ありがとう」を言う
のは、「ありがとう」のすごさの半分くらい
しか使っていないのかもしれません。

「ありがとう」は、してもらったときだけ
でなく、こちらがしてあげたとき、させて
いただいたときにも使えるのです。

「させてくださって、ありがとう」。

人のためではなく、自分からしてあげる
ことでたくさんの「ありがとう」
(させてくださって、ありがとう)
を言うことができるというのは、
なんとも楽しいことではありませんか。

…………………………………………
●自分を好きになる方法
…………………………………………

「一銭にもならないことを
 どれだけできるか、するか」が、
自分で自分を好きになるポイント。

馬鹿なこと、一銭にもならないこと、
誰からも評価されないことを
一生懸命やってみてください。

そういう馬鹿なことをしている自分が、
いつの間にかとてもかわいらしく、
いとおしく、思えてきます。

「自分で自分を好き」になってきます。
「馬鹿な奴だ」と思いながら、
でも自分の心に温かいものを感じるはず。

~幸せな毎日を過ごすためのバイブル~

『宇宙を貫く幸せの法則』(小林正観・著)

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください