自分の人生は自分でリスクをとって自分で切り開く 第1,157号

 ゴールドマン・サックスのニューヨーク

修行時代から、内外の大物経営者との

出会い、社内でのカネ・政治・

出世競争などの知られざる

エピソードを数多く描く。

 日産自動車、三菱自動車、ダイムラー・

クライスラー、日立製作所、DDI、

KDDなど数多くの企業が登場。

 M&Aアドバイザーからみた

日本経営論にもなっている。

 日本のM&Aが本格化した1990年代から

2000年代半ばにかけて、主要プレー

ヤーとしてM&Aをリードした

ゴールドマン・サックスの

辣腕アドバイザーの

著者が、自らが手がけた多くの

M&A案件の内実を初めて明かした

稀有のノンフィクション。

 日本のM&A20年史でもある。

 わたしは2017年に還暦を迎えた。

 37年前、23歳で日本の大学を卒業して

普通に日本の大企業(日産自動車)に

就職したが、7年半で退社し、自費

で米国のビジネススクールに留学した。

 卒業後、当時としては日本社会にはあまり

馴染みのない投資銀行ゴールドマン

サックスに就職した。

 14年半この会社で過ごし、日本におけ

るM&Aアドバイザリー事業の

責任者を務めた。

 その後、日本の経営学大学院での教員

生活といくつかの会社の社外取締役を

中心とした生活で現在に至っている。

 わたしの基本的な考え方は、「会社と

自分は常に対等な関係でなければ

ならない」というものだ。

 「会社というものは自分の味方ではない。

 敵とまでは言えないが、少なくとも黙って

いても会社が自分のために何かを施して

くれるというものでは絶対にない」

 「会社で自分の思いを通すためには、会社

と個人は常に対等の関係になければならない」

 「さらに対等な上で日々これ勝負であり、

これにある程度勝たなければ、自分の

思いを遂げることは出来ない」

 今でも、この考えは変わっていない。

 以上のことを実践するために、

次のことが重要だと考える。

A,自分の人生は自分でリスクをとって

自分で切り開く。

B,特に人生の後半の時期に、少なくとも

自分の居場所は自分で決められる

ような立場にいたい。

C,まったく自分の意思とは無関係に、組織

の側に自分の居場所を一方的に決めら

れることはだけは絶対に避けたい。

 ゴールドマンサックスでの多数の大型

M&A案件のインサイダーとしての

経験は、30代、40代の通常の

ビジネスマンがまず経験

することのない濃密なものであった。

 結論を言えば、わたしとしては日本的

経営文化は世界の中で特異な文化では

あるが、決して比較劣後する文化

であるとは思わない。

 服部暢達『ゴールドマン・

       サックス:M&A戦記』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2KGxLlT

今回も最後までお読みくださり、

             ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください