自分の生き方を貫いて.示していくことが大切 第1,616号

ユニ・チャームを創業し、
日本を代表する日用品メーカーに育てた
高原慶一郎氏。

いまから約15年前に
『致知』にご登場いただいた際、
大変興味深いお話をしてくださいました。

「経営者に求められる四つのスタンス」
そして、「人間がかかる四つの病」とは?

……………………………………

「人間がかかる四つの病」

高原慶一郎(ユニ・チャーム会長)

(『致知』2005年8月号)

……………………………………

社内の信頼感を高めるには、
とにかく一人ひとりの社員と
報告、連絡、相談、
つまり「報・連・相」で
コミュニケーションを取り続けることです。

基本中の基本ですが、こういったことを
愚直に実行していくことが
一番じゃないかと思いますね。

結局どんな大きな企業も
もともとは中小企業、
もっと言えばスタートは一人なんですよ。

人もいない、物もない、カネもないという
状況から始まります。

そこから大きくなる企業もあれば、
中小零細のまま終わる企業もある。

その違いは何かと私なりに考えてみると、
やはり経営者の器、資質に拠るところが
大きいと思います。

よく言いますでしょう、

企業はトップ以上に大きくならないと。

やはり自分を中心にした
小成に甘んじる経営者は伸びない、
ということは言えると思います。

それを防ぐためには、
まず経営は一人ではできないと自覚して、
人、商品、資金という経営資源の構築力に
優れた人材をどんどん起用する。

若い人も年配の人も織り交ぜながら、
二人三脚経営、あるいは三人寄れば
文殊の知恵経営が望ましいと思います。

いくら組織を整えても、
やはり経営者自身が高い志を
持ち続けていないと難しい。

これは私の人生観にも繋がるものですが、
トップが

「一生勉強、

 一生危機感、

 一生青春、

 一生情熱」

という四つのスタンスを身につけているか。
そういう生き方を貫いて、示していくことが
大切です。 
ただ人間は放っておくと心が病気になるんです。

症状には四つあって、

一つ目は「自惚れ」、

二つ目に「驕り」、

三つ目に「マンネリ」、

そしてベースにあるのは

「甘え」

ではないかと思います。

失敗している経営者は
必ずこの心の生活習慣病にかかって
いますから、絶えず自制していかなけれ
ばならないということです。

 
(『致知』2005年8月号より)

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください