自分の限界を決めるのは 何だろうといつも考えていました 第 692 号

 現役時代から「走る哲学」と呼ばれていた

という為末大さん。

 自分の限界を決めているものは何だろうという

問題意識は、常に持たれていたそうです。

───────「今日の注目の人」───

為末 大(元陸上選手)
    ×
村上 和雄(上智大学名誉教授)
   
───────────────────

【為末】
 特に興味を持っているのは、マインドセット、

簡単に言えば人の思い込みとか常識のこと

ですけど、これが変わる瞬間です。

 例えば、義足を履いた幅跳びの選手がいるん

ですけど、その選手は8メートル40センチ

も飛ぶんですよ。

 健常者とほとんど変わらない記録になってきて

いて、いずれ抜いてしまうと思うんです。

 そうした人間と道具との融合が当たり前になった

ら、世の中の常識やこれまで人が抱いてきた思い

込みも大きく変わる気がするものですから、

そんな新しい世界を、こういう施設を使い

ながらちょっと覗いてみたいんです。

【村上】
 ご自身で競技をなさっている頃から、そういう

問題意識を育まれてきたのでしょうね。

【為末】
 陸上選手というのは特にそうだと思うんですが、

僕は現役の頃から、自分は本当はどこまでいけ

るのだろう、自分の限界を決めるのは

何だろうといつも考えていました。

 たぶん思い込みによって自分の能力にブレーキ

をかけている部分が大きいと思うんですが、

その思い込みが競技で揺さぶられる度に

外れて、成績に結びつくことが多かったんです。

 先ほど申し上げたマインドセット、つまり

思い込みとか、常識とか、自分が自分に

貼っているレッテルに人間がすごく

影響されているんじゃないか

いうのを現役の時に感じていました。

 スポーツの世界では……

見えない限界の壁に挑み続ける為末さんの

 話の続きは本誌でどうぞ!

 『致知』2017年6月号

        連載「生命のメッセージ」P112

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)