自身の難点を克服し.きらめく言葉で語るようになった 第1,595号

 歴代4人ものアメリカ大統領のスピーチライ

ターを務めた著者が直伝。アメリカで15年

以上読み継がれているスピーチテキスト

の名著、待望の翻訳!

 会議・講演・交渉・営業・プレゼン…あら

ゆるビジネスシーンで最高のスピーチ

をするために必読の書

 テクニックその1は「沈黙」演説は詩である

 チャーチルはかつてこう言った。「すべて

の演説は、押韻や韻律のない詩である」

 その言葉どおり、チャーチルはスピーチ原稿

に対して、詩のように読めることを求めた。

 もしも、あなたがいまスピーチやプレゼンの

原稿を書いているなら、最初の言葉にはたっ

ぷり時間をかけるべきだ。しっかり準備

し、磨きをかけ、練習を積む。こ

れを怠ってはならない。

 沈黙のあと強烈な第一声を繰りだし、あくび

をしそうな聞き手にガツンと食らわせるの

だ。それが痛快な言葉であれば、必ず

聞き手の眠気を覚ます。本題に

入るのはそのあとだ。

 本書を読むことで、古代のデモステネスから

現代の大統領まで、ナポレオンのような軍

人からイエスのような聖人まで、力強

いリーダーたちに共通する秘密がわかるだろう。

 また、こうしたリーダーが開発し、磨きあげ

てきた話し方のテクニックや小道具につい

ても学べるだろう。じつは、彼ら偉大

なリーダーたちも、全員が生まれ

ながらのリーダーではなかった。

 ♠体格に恵まれなかったナポレオンは、

存在感を高める技を考案し、磨いた。

 ♣マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

は、白人社会だったアメリカで生きる黒人

として、自分の話に耳を傾けてもら

える方法を探し、見つけた。

 ♥マーガレット・サッチャーは、男社会の

議会で強烈な性差別を克服していった。

 ♠リンカーンは、甲高い声と田舎なまり

を克服する方法を生みだした。

 ♦チャーチルは、舌のもつれと吃音を克服

する方法を編みだし、ダイヤモンドのよう

にきらめく言葉を語るようになった。

 ジェームズ・ヒュームズ『リンカーン

   のように立ち、チャーチルのように語れ』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2L3Ux9O

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください