若返りを楽しみ人生の完全燃焼を目指す 第1,410号

こんにちは、

岡田です。

前回は「スタート地点による短期目標の違い」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12462440436.html

歩行整体メソッドの回復工程図を使いながら、

立ち位置が違う3点からの目線と目標を示しました。

—————————

歩行整体メソッドとは、

三本の矢による、

回復から若返りまでの整体のしくみ。

第一の矢 ゆがみの潤滑整復術

第二の矢 ゆがみのトレーニング

第三の矢 ゆがまないセルフケア法

—————————

「歩行整体メソッド」は健康化のしくみですが、

現在このシステムの見える化を図っています。

今回は「各ステージの歩行姿勢の違い」として、

4ステージに分けて図を使いながら解説します。

※図はアメブロ版にあります。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12463901417.html

【図1】は前回の図の改訂版です。

現在の立ち位置の違いにより、

A・B・C・Dの4点に分けて★で示しました。

上の図と併せて、

【図2】歩行姿勢のイメージ図を加えました。

歩行姿勢は実際はけっこう複雑なので、

この図だけでは不十分ですが、

ざっくりとイメージするには使えるでしょう。

それでは一つずついきましょう。

★A地点

この立ち位置では、

苦痛から逃れることしか考えられないので、

治してくれるところを探して来院されます。

なので、症状が楽になるかで判断します。

図1では第一の矢(潤滑整復術)が必要で、

未病からの回復段階です。

図2では一番左の写真ですが、

骨盤や背骨、四肢など、ゆがみがあると、

こんな姿勢になってしまいます。

また、多くは痛みやしびれなどの症状があります。

この段階では具体的な青写真を示し、

その通りに進捗することを目指します。

★B地点

この立ち位置では、

苦痛から解放されホッとしているところですが、

図1からも分かるように健康ではありません。

なぜなら、

筋力や柔軟性、バランス力は低下したままで、

いつ再発してもおかしくないからです。

図2の歩行姿勢もなんとなく弱々しいです。

ここで、弱点の解消や補強など、

次のステップに進む必要があることを伝えます。

健康意識の高下により判断は分かれますが、

ステップアップの意思がある場合は、

第二の矢(パーソナルトレーニング療法)、

第三の矢(筋肉絞り体操の実技セミナー)、

このいずれかをおすすめします。

★C地点

この立ち位置は、

健康を維持できている状態で、

歩行姿勢も健康な人のそれです。

しかし、未来に対する不安はあり、

備えの必要性も理解できています。

ここからは、セルフケアの段階。

健康増進のためには、

筋肉絞り体操などの筋トレと、

整体歩行などの有酸素運動の、

両方が欠かせないことをお伝えします。

★D地点

この地点到達は継続した努力が必要ですが、

健康増進と若返りを目指す向きには、

目指すべきゴールといえます。

同世代の平均よりも体力があり、

筋力、バランス、柔軟性に優れ、

充実感が高い状態をキープできます。

ゆがみもなく、

週3回の筋トレと週3回の整体歩行の実践は当然。

それ以外の良い方法も積極的に取り入れ、

食生活や睡眠の質、

ストレスマネージメントにも配慮して、

若返りを楽しみながら、

人生の完全燃焼を目指します。

ここまで、到達できるためのしくみが、

歩行整体メソッドです。

ここを目指す人を増やし、

実際にサポート出来ればと考えています。

まだまだ、駆け出しですが、

しっかりと手応えは感じている今日この頃です。

★A地点以外の人にお勧めしたいのが、

下の体幹スロー筋トレです。

————————-

新発想!立ったまま行う体幹スロー筋トレ

『筋肉絞り体操/姿勢改善編』実技セミナー

・7月13日(土)18~20時(天王寺)

・7月26日(金)14~16時(天王寺)

セミナーの日程表は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

各7名限定にて開催。

『10年後の常識!健康のツボ』

第630号 2019年5月28日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください