裏の世界から足を洗った私は今.表の世界で生きている 第 1,832 号

 映画『ゴッドファーザー』のモデルにもなっ

“伝説のマフィア”ラッキー・ルチアーノ

その末裔である男は、今日本に根を下ろ

し、生きている。

 1964年、イタリアシシリア州カターニア県

生まれ。5歳の時、父と共にニューヨークに

渡る。その後、パキスタンやフィリピン

など世界各地で暮らし、23歳の時に来日。

 マフィアでありながら、ヤクザとしての顔も

持った過去。「生か死か」―私を捉えて離さ

ない“血界”を自ら破らなければならない。

その壮絶な半生がここに初めて語られる――。

 エミリオ・マリオ・ルチアーノ。シチリア人

の母とギリシャ人の父をルーツに持った、日

本にいる外国人。今、私という人間を言葉

で記せばこうなる。

 私についてお話しする前に、偉大な先祖であ

るサルバトーレ・ルカーニアについて

述べておく必要がある。

 ラッキー・ルチアーノの口癖は「仲間を裏切

るな」「カネのためならなんでもやる」だっ

たと聞いている。彼のマフィアとしての

生きざまは、映画『ゴッドファーザー』

でマーロン・ブランド演じる主人公

ドン・ヴィトー・コルレオーネの

モデルにもなったとも言われる。

 シチリアでは伝統的に「ファミリー」、つま

り血のつながりを重要視する。過去、為政者

の圧政や異民族からの侵略にさらされて

きたシチリアの人々は、自分たちの

身を守るためにファミリーで結束を固めた。

 私の父、カルメロはシチリアの人間ではなか

った。ギリシャで生まれ育ったが、仕事を

求めてアルバニアに渡り、紆余曲折を

経てシチリアで水道工事の仕事に就いた。

 失敗に終わったマネーロンダリングの仕事

を最後に、私はヤクザの世界から完全に身

を引いた。マフィアの世界と同じく、ヤ

クザの世界にも裏切り者は大勢いたは

ずだ。しかし、私が知り合った日本

の親分やヤクザは皆、気持ちが温

かく、裏切りに遭うようなことは一切なかった。

 裏の世界から足を洗った私は今、表の世界で

生きている。最近、茅場町の私のレストラン

「ウ・パドリーノ」にかつて総理大臣も

務めた麻生太郎さんが訪れてくれた。

 もともと映画『ゴッドファーザー』の大ファン

だった麻生さんが、ラッキー・ルチアーノの

末裔である私に興味を抱いたそうで、知人

を介して「一度、来訪したい」と連絡をもらった。

 不思議なもので、初めて会った麻生さんと

数十年来の知己のように意気投合し、別れ

の際にマフィア流に麻生さんの右手の甲

にキスをし、ハグをして別れた。

 マリオ・ルチアーノ『ゴッドファーザーの血』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2A113v3

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください