読書感想文なんか全然難しくないよ 第1,446号

夏休みの宿題で、いつも頭を悩ませてしまう
のが「読書感想文」。

なかなか文章をうまく書くことができず、
つい最後のほうまで残りがちな宿題です。

今年3月に刊行された
『齋藤孝のこくご教科書 小学1年生』には、
齋藤孝先生が教える
「読書感想文の書き方のコツ」が収録されて
います。

ぜひ参考になさってください。

……………………………………
 読書感想文の書き方のコツ
……………………………………

読書感想文の書き方にはコツがあるんだ。

まず読んだ本の話の中から、
「これはいいな」と思った文章を3つ選ぶんだ。

「たくさんあって決められない」とか
「うまく見つからない」というときは、
本の最初のほう、真ん中、後ろのほうから
1つずつ選ぶと決めておくといいと思うよ。

たとえば宮沢賢治の『よだかの星』の感想文を
書くことになったら、『よだかの星』の中から
3つ文章を選んで、そこに線を引いておく。

そして、

「この本を読んで好きになった3つの文があり
 ます。1つ目はこれです」

と、カギカッコをつけて、
そこに選んだ文章を入れる。

次に、その文章のどこが良くて選んだのか
という理由を書いていくんだ。

「自分は今までこう思っていたけれども、
 この文章を読んで、そんな考え方もあるんだなぁ、
 こんな素敵な表現のしかたもあるんだなと
 いうふうに思った」

ということを書いてみよう。

その文章を読んでわかったこと、
発見したこと、気づいたことなどを書けばいいね。

そして最後に、

「この3つから、『よだかの星』はこんなことを
 言っている作品だと思いました」

と書けばできあがりだ。

みんなもこのやり方で書いてみると、

「読書感想文なんか全然難しくないよ」

ということになると思うよ。

ぜひ試してみてね。

※『齋藤孝のこくご教科書』には、
 齋藤先生が厳選した名文や名詩などに
 たくさん出逢えるのはもちろんのこと、

「作文が得意になるには」
「話がうまくなるコツ」
「国語の勉強のしかた」

など、実践的で役に立つ、
スキルアップに繋がるコラムも収録されています。
ぜひ一度、お手に取ってみてください。

『齋藤孝のこくご教科書 小学1年生』
            齋藤孝・著

定価=本体1,600円+税

【大好評発売中です】

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください