軍事・石油・金融・政治の人脈が一本化して動く 第1,349号

 世界的な金融メカニズムが膨大な人々を貧困

に追いやっている!ウォール街・金融

機関の腐敗のメカニズム。

 ロシア富豪の資産をつくりだす石油とガス。

 かつて、ホドルコフスキーは、2002年に

38歳で、ロシアで最も大きな利益を

あげる石油企業ユコスの最高

経営責任者で実質的な

オーナーの大株主として君臨していた。

当時、4000億円の資産家だった。

 ホドルコフスキーは、共産党の若手リーダー

だったが、1988年に官僚ポストを投

げ捨てて、貿易会社を設立。

 1990年にはメナテップ銀行を設立して通貨、

砂糖、石油、穀物の貿易で資産を築き、

同時に持ち株会社ロスプロムを通

じて産業支配に進出した。

 政府の経済顧問となり、混乱期のソ連政府

中枢にコネクションを持ったのである。

 カスピ海周辺で展開される利権争奪戦がある。

油田とパイプラインの実情を理解するに

は、ロシアでのルクオイルの役割

を知っておく必要がある。

 シティグループは、新生ロシアで金融機関

として名乗りを上げた銀行である。これ

だけの広い世界から人材を集めて、

バンカーたちにホワイトハウ

スの政策が事前に分からないはずはない。

 ホワイトハウスもこれらの人間から、

大量の現地情報を集めていた。

 ウォール街の金融・証券投資業界では、石油

人脈コネクションによって事前情報を入手

する作業を昔からの習いとしてきた。

 シティグループに負けじとJ・P・モルガン・

チェースでもこのような人材を欠かさない。

 石油プロジェクトの実質的な評価を下すベクテル

・グループは、CIAをしのいでその道の

第一人者を誇るプロである。ベク

テル・グループ総帥のスティー

ヴン・ベクテルがモルガン

重役だった一家の伝統を受け継ぐ。

 アメリカが群を抜いて特徴とするのは、最後の

「軍事・石油・金融・政治の人脈が一本化して

動く」というところにある。アメリカの軍

事行動にただちにイギリスが追従する

のは、両国が共通して保有する利

権のためである。石油と金属

資源の豊かな土地は、ほ

とんどが紛争に巻き込まれてきた。

 広瀬隆『世界金融戦争:謀略うずまく

            ウォール街。下巻』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2uflCOw

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください