遊びがあるから新鮮な思考で仕事に最高の結果が出せるのだ = 2-2 = 第 942 号

 「歳をとってもやることがいっぱい」

という人は、老いることがない。

 「老化」とは「心理的な病」なのだ。

 ヘミングウェイは、「ネオテニー」

の力で作品を書いた。

 遊びの本質とは、誰しも心の奥底で

抱いている「ネオテニー」の力を

呼び覚ますことだ。

 ネオテニーとは、簡単にいって

しまえば「子どもココロ」だ。

 この好奇心は、「成長しよう」

とする本能がうながす。

 机の上で悩んでいるのではなく、遊びが

あるからこそ新鮮な思考で仕事におけ

る最高の結果が出せるのだ。

 「休日にフラッと出かけられる

場所」をいくつ持っているか。

 海外のセレブたちが大豪邸に住むのも、

合理的な理由があることがわかる。

 パーティに招待して、そうして人を

楽しませることによって、人脈が

形成され、それがまた富みを

生むビジネスにつながっていく。

 招待できる人がレベルアップするという

ことは、その人の人間関係のステージ

が上がることを意味する。

 私は立派な書斎机を用意し、新しい

万年筆を調達して、マックのパソ

コンまで完備した。

 こうなったら、もう本を書くしかない、

作家にならないといけない、と

自分を追い込んだ。

 「おもてなしの場所」があれば、あな

たの人脈作りの強い味方になる。

 すべては「自分よりレベルの高いもの

を欲しがること」から始まっていく。

 セレブになりたければ、セレブ

の集まる街を歩く。

 「一流になりたい」とか、「セレブに

なりたい」と思うなら、まずは「一流

の人」や「セレブな人」が集まる

場所に行かなければならない。

 銀座というのは、まさにそれを

可能にしてくれる場所なのだ。

 銀座のクラブの方々は、レベルが高い。

 彼女たちは会話のセンスを磨き、相手

のレベルに合わせた知識を仕入れ、頭

の回転もものすごく速くなる。

 「知的な会話による擬似恋愛」に通達

した、プロの職人なのである。

 だから銀座のクラブに来れば、会話の

センスを磨く、いい訓練になる。

 「ハイグレートな空間」に、

つねに触れておくこと。

 ヒラメキの瞬間は、どんな

ときに訪れるのか。

 非日常の時間で大切なのが、

「必ず一人でいること」だ

 「非日常」を用意すると、

アイディアが生まれる。

 アイデアの種は「非日常」と

いう庭がないと芽が出ない。

 一日はかくも穏やかに、しかも

満ち満ちて過ぎていくもの。

 わたしに関しては「新しいこと」

が次々と始まっている。

 その土台は、すべて北海道の別荘で

「ぼんやり考えていること」にある。

 佐藤富雄『あなたをお金持ちに

          する魔法の場所』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/1lBj7z5

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)