離れて距離を取るという姿勢を持つことの大切さを知る  第 271 号

 健康な身体に新陳代謝が必要なように、生活空間

や日常生活にも新陳代謝は欠かせない。

 累計300万部『断捨離』のやましたひでこが

ついに書いた!〝これから〟をずっと心地よく

過ごしていくための「暮しの極意」

 捨てるとは、「あること」「持つこと」に

よって得られる居心地以上に、「ないこと」

「持たないこと」によってもたらされる

居心地のほうが、はるかに大きいと

気付いていくことである。

 憂うべきは「不足」より「過剰」。

 目指すは、爽快感と開放感で満ちること。

 想いは、重い。

 モノを溜め込むほどに、そこに張り付いた

想いも同じように蓄積されていく。

 モノが大量になればなるほど空間を圧迫して

いくように、それにつれて蓄積された想い

がそこに住む自分の心を占有していく。

 モノから離れる。空間からも離れてみる。

 離れて距離を取るという姿勢を

持つことの大切さ。

 全体を眺めてこそビジョンが見えてくる。

 俯瞰する目を持つ。

 俯瞰と観察、戦略と実践、ビジョンと行動。

 鳥の目、龍の目を持って全体を見渡すこと。

 虫の目、ヘビの目を持って目の前を

見据えること。

 モノは使われてこそ意味がある。

 考えなくてもいいことは考えない。

 断捨離とは、空間のヨガ。

 ヨガはあらゆるものと自分を結ぶツール。

 モノを減らせば家事は面白くなる。

 モノが増えれば仕事も増える。

 居心地のいい簡単生活の実現は、負担する

家事を軽減することが重要な戦略。

 「戦略」とは、「戦い」を「省略」する

ための謀(はかりごと)。

 変化とは、新陳代謝。

 やましたひでこ

  『捨てる勇気:あなたの日常にも新陳代謝を』

     の詳細,amazon購入はこちら↓

          http://amzn.to/1k6CG1Z

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)