順番を守ってステップアップするのが最適な方法です 第1,710号

こんにちは、

岡田宰治です。

前回は「若返り筋を鍛えると歩き方が変わる」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12584119324.html

今回は「50代からは安全で楽な筋トレを!」です。

  • 図入りはこちら

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12585756187.html

————————————–

『歩行整体』とは、

三本の矢による、

回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢(回復)ゆがみの潤滑整復術

第二の矢(補強)ゆがみのトレーニング

第三の矢(自立)ゆがませないセルフ整体

現在、見える化を図っています。

—————————

(50代からの筋トレ法)

私が所属しているパーソナルトレーナーの組織は、

約200人のトレーナーがいます。

息子や娘と同世代の人たちが多数の中で、

3番目の年長者として老体にむち打っています。

その中で情報交換したり実践していると、

いろいろ気づくことがあります。

その一つは、50歳ぐらいを境にして、

トレーニングの質が変わってくることです。

一番変わるところは瞬発系のトレーニング、

その関係かどうかの証拠はありませんが、

故障やケガが多くなるのもこの年代です。

現に、日頃とレーニングの習慣がある私が、

先日、30歳女子が指導するトレーニングで、

3回もこむら返りを起こしてしまいました。

胸、ふくらはぎ、ふとももの軽い症状でしたが、

瞬発力を効かせた速い動きが原因でした。

周りを見ても故障やケガにつながっているのは、

過大な負荷をかけた瞬発系の運動ばかりです。

なので、

日常生活で瞬発力が必要でない場合は、

リスク回避のためにも運動の中身を考える必要があります。

この世代から上は、

いつも語っているように生涯現役、健康長寿、

そしてピンピンコロリにつながる運動が良いでしょう。

(鍛える順番が大切)

もうひとつ、気になっているのは、

50代ぐらいになるとインナーマッスルが弱ってくること。

なぜ分かるのかというと、

姿勢が変わってくるからです。

頭が前のめりで猫背で巻き肩というのは、

この世代になると急増しています。

最近のスマホ世代では、

若くてもこんな姿勢の人が増えてきています。

その理由はインナーマッスル(若返り筋)の筋力低下で、

背筋が伸びない、胸が張れない、首が伸びない、

こんな姿勢になってしまうからです。

もし、体の軸が弱っている脆弱な人が、

いきなり負荷が大きい筋トレをしたら傷めるのは、

あたりまえのことだからです。

では、どうすればいいのでしょうか。

順番を守ってステップアップするのが最適な方法です。

その順番は、はじめに体の芯でもある、

弱って硬くなっているインナーマッスルを鍛えること。

ここが柔軟性が増して強くなると、

負荷がかかる筋トレができる下地が出来ます。

たとえば、はじめは、

インナーマッスル中心のトレーニングを一定期間して、

それから過負荷の筋トレを本格的にするのが良い方法です。

そして、余裕が出てきたら瞬発系も入れる、

こういう流れとなります。

別の表現では、

まずはインナーマッスルを鍛え、

体の芯がしっかりしてきたらアウターマッスルも鍛える、

こんなところでしょうか。

————————————–

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。

https://www.reservestock.jp/subscribe/83936

——————————————

(50代からは安全で楽な方法を選ぶ)

前回、インナーマッスル(若返り筋)の鍛え方は、

普通の筋トレと全く違うということを述べました。

「力を入れて曲げる」ではなく、

「力を入れて伸ばす」という真逆の方法でしたね。

そして、もう一つの特徴は、

ゆっくり動作で楽ちんだということでした。

体育会系でずっとトレーニングも続けている人は別として、

運動不足の中年にとっては、

安全で楽な方法を選ぶことが大切です。

そのために開発されたのが、

「若返り筋メソッド」です。

これは、筋力で腕や足、体幹を伸ばすという、

独特の方法で鍛える方法ですが、

安全性が高く、負担感も少ないという特徴があり、

50代からの運動には適しています。

実際には30代の女性から80代の男性まで、

幅広く実践されていますが、

続けていると「姿勢が若返った」という声が多いので、

若返り筋メソッドといわれています。

若くて瞬発力満点の人には合わない話でしたが、

そうでない方には朗報といえるでしょう。

————————————–

施術のご予約はこちらから

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/21054

————————–

姿勢改善法&若返り筋メソッド実習

セミナーの日程は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

『10年後の常識!健康のツボ』

第674号 2020年4月1日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください