頭脳は正しく使えば使うほど、その能力を増大する 第1,281号

多くの財界人に師と仰がれた安岡正篤先生。

その教えは人物学を中心として、
今日もなお、私たちの進むべき方向を
示してくださっています。

………………
学問の目的
………………

学問の第一義は言うまでもなく、
道心の長養でなければならなぬ。
道徳の発揮でなければならぬ。
平たく言えば、純真な自己に生きようとするのが
学問の第一歩なのである。

(第7巻『いかに生くべきか』より)


………………
平常心の養成
………………

昔は小学校を尋常小学校といいました。
この尋常とはあたりまえ、どんなことにでも、
平常と少しも変わらないことです。
如何なる戦場に臨んでも平常どおり
少しも変わらぬ戦いをしたいと、昔の武士は
「いざ尋常に勝負」と言ったものです。

従って尋常小学校の尋常とは
将来如何なる境遇にあっても
平常心を失わぬように処する
その根底を養うことであります。

(第8巻『青年の大成』より)


………………
善く学ぶ
………………

学というものは、何か付け加えるというような
方便的、手段的なものでは決してない。
そもそも元来持っておる、生まれつき
具えておるものを発達させるためのものである。

天の生ずるところ、親の生んでくれたところを全くして、
それをおとさない、いい加減なことにしない、
というのが善学、善く学ぶと言うのである。

(第9巻『経世の書「呂氏春秋」を読む』より)


………………
頭脳の養分
………………

世の中のいかなる遊休施設よりも、
最ももったいないものは頭である。
一般人は能力の1%から15%しか使っていない。
頭脳は正しく使えば使うほど、その能力を増大する。

古い脳から新しい脳を発達させる。
脳は老いるということを知らない。
生涯進歩しつづけるものだ。

但だそれに要する養分は正しい生活と道徳だ。
仙薬は我が心にある――とこれ亦医学者が覚っている。

(第10巻『人間を磨く』より)


………………………………………………

【永久保存版/現代に甦る人間学の宝典】


『安岡正篤活学選集』(全10巻)

       安岡正篤・著

………………………………………………


今回も最後までお読みくださり、


      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください