食材に感謝しつつ食べすぎは防ぎたいものです 第1,010号

こんにちは、

岡田です。

前回は『私がイメージする晩年の健康像とは』でした。

健康は体と心に分けて考えると分かりやすい。

未来の健康を創るのは健康生活の習慣化、

そのためには現在の行動こそ大切という内容でした。

心の健康については、既に35回連載しているので、

体の健康についてさらに掘り下げてみましょう。

食事、質の良い睡眠、水、

疲労をためない、運動。

これらについて何回かに分けて説明します。

(晩年まで元気な体をめざして「食事編」)

私は管理栄養士など食事の専門家ではなく、

まともに学んだのは健康管理士の時ぐらいです。

しかし、幼少時から祖父から色々聞かされて、

耳学問として小学生ぐらいから情報は持っていました。

その後、読書をしては実践するというパターンで、

食がらみの本を数百冊は読み、

自分と周りの人で実験して知恵をつけてきました。

過去、数多くの気付きをストックしているので、

これを中心にシェアできればと思います。

まず、食事のパターンからいきましょう。

いろいろ試してきましたが、

もう10年以上朝食フルーツをつづけています。

これに変えてからは、

ものすごく体調が良くなりました。

特に午前中の体調がいいですね。

その理由1は、

体内時計では午前中は排泄の時間ですが、

フルーツは消化がいいので、

胃や腸など消化器系の臓器に負担がかからず、

排泄につながる流れを妨げません。

その理由2は、

果糖とともに良質な水分が豊富に入っており、

天然ビタミンやミネラルも含まれているので、

頭の働きがスムーズとなり仕事がはかどりやすいです。

その理由3は、

私の場合は夕食が21時~22時と遅く、

食後3時間以内に寝ることもあり、

前日吸収した栄養がたっぷり残っているので、

バナナ1本程度で昼まで空腹になりません。

こんな理由から、

1日3食を守りつつ、

朝はフルーツが定番となっています。

ただし、日曜や外泊しているようなときは、

周りに合わせて一般的な朝食をいただきます。

この食事の間隔や回数は、

仕事や生活のリズムによっても変わりますが、

夕食が遅いタイプや飲みすぎ食べ過ぎタイプには、

良い方法だと考えています。

食べすぎということでは、

絶え間なくダイエットが流行っていますが、

「食べすぎ」は健康の敵でもあります。

私も例にもれず、

食べすぎの傾向性を持っていますからよくわかります。

その対策も兼ねて始めたのが朝食フルーツで、

体調が良いので今も継続しているというわけです。

もうひとつだけ、

食べすぎを防いでいる良い方法があります。

それは、

毎日体重計に乗ることです。

職場には体組成計があるので、

朝、昼、晩、毎日乗っていると、

一日の中でも体重変動があることに気づきます。

昼前や夕食前が一番軽いのですが、

体重をチェックしていると太らないのです。

みなさんも、

飲み会などの翌日はドカッと増えたりすることがあるでしょう。

まあ、こういう時はむくんでいることもありますが、

現状を認識することが大切です。

体重計で確認するとチェックが効くので、

たとえば「今日は昼食は軽めに済ませようとか」、

増えそうになってもすぐに調整できるのです。

もちろん、栄養のバランスは重要でしょうが、

健康のためには、

過食のほうがより問題かと考えています。

やはり、昔から言われている

「腹八分目」は健康の真理ですね。

本当に今の日本人は恵まれていますが、

食材に感謝しつつ食べすぎは防ぎたいものです。

今日の内容は健康生活、

ひいては歩行整体に通じる食の話でした。

歩行整体メソッドは、現在の立ち位置を知り、

ゆがみの解消から弱点の補強、

セルフケアまで一貫した回復~若返りまでの仕組み。

第一の矢(治療)

第二の矢(パーソナルトレーニング)

第三の矢(整体歩行)

歩行整体メソッドについては↓

『10年後の常識!健康のツボ』

第573号 2018年4月24日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

 人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

今回も最後までお読みくださり、

             ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください