100枚の絵より10秒の動画のほうが.はるかに情報を多く持つ!! = 2-1 = 第1,115号

 今や、多くの業務においてITが導入され

る中、ほとんどのシステム開発は失敗

すると言われ、一説によれば

その数は7割ともいう。

 IBMとスルガ銀行、特許庁と東芝子会社

の巨額システム開発でのIT訴訟

なども記憶に新しい。

 日に日に大規模化するシステム開発の

一番の問題点を最初の「要件定義」

にあるとして、「要件定義」

どんなところに気を

つければ、システ

ム開発を成功させられるのか?

 それは右脳を使えば、要件定義は必ず

成功する! 業務系システム開発の革新

的な開発アプローチを本書で初公開。

 システム開発は、中小企業であっても

5000万から1億円規模、大企業で

あれば1000億円規模という

ケースもあり、企業とし

て大きな投資を必要

とする一大プロジェクトです。

 大規模システム開発はなぜ

失敗してしまうのか

 私はこれまでに数十件に及ぶシステム

開発プロジェクトに携わり、大規模

システム開発を数多く成功に

導いてきました。

 その経験を踏まえて言えるのは、大規模

システム開発のほとんどが旧態依然の

ままの開発手法を採りつづけて

いるために失敗してしまう

ということです。

 そこで本書では、いくつかの事例を紐解

きながら、システム開発に潜む「落と

し穴」を整理し、ほとんどのプロ

ジェクトで共通して抱える問

題点を浮かび上がらせます。

 その上で大規模システム開発を成功

させる、革新的な開発アプローチ

を紹介します。

 システム開発抜擢は出世の早道

 さらに、システム開発を担当すること

は、自身のキャリアにもまた革新が

起こる可能性も秘めています。

 プロジェクトによって培われる社内

上層部との人脈や、メンバー同士

との絆、プロジェクト管理に

必要なリーダーシップ

など、プロジェクト

経験後に手に入れ

られるものは計り知れません。

 会社全体のデータが集約されるシステム

を理解し、構築し、運用することで

「会社の主要業務全体の流れを

知り、ヒト・モノ・カネの

動きや収益構造を俯瞰

的に理解する」という、

上級管理職になる者にとって

貴重な体験をすることができるからです。

 日下ヤスユキ『ITシステム開発は

         なぜ失敗するのか』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2mIx95g

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください