6歳の子どもに説明できなければ.理解したとはいえない 第 751 号

 ユダヤ式英語勉強法とは ? 体を揺らしながら

つぶやいて脳に英語を定着させる方法。

 その驚きの記憶法を英語学習に

活用した画期的な勉強法 !

 英語に限らず他のことにも活用できる。

 ユダヤ人の究極の記憶法とは、「体をキツツキ

のように揺らしながら、口を動かしてつぶ

やくこと」に他ならない。

 実際、彼らはそうやって1000ページ以上もある

とされる聖書の中の「トーラー」と呼ばれる

部分を全文記憶している。

 ユダヤ人に学べば英語は必ず上達する。

 「学ぶというのは、繰り返し朗読をして、繰り

返し書き写し、そして繰り返し考えることで

ある」というユダヤの格言がある。

 わたし自身ユダヤ関連の本を読み漁り、そして

彼らとともに机を並べて学んだことからも、

読と反復による暗記練習が英語を身につける

うえでは最大のポイントだと確信している。

 「体を動かしてつぶやく」だけで、

英語は必ずモノにできる。

 なぜなら、単純なリズム運動が加わることで、

英語が脳に勝手に定着してくれるからだ。

 「単純なリズム運動」と「つぶやくこと」が

英語にとってはもっとも大切。

 「財産が取り上げられても教育だけは

誰にも奪うことはできない」

 繰り返しこそが「記憶の民」の

知恵を形作っている。

 格言通り、「音読と反復による暗記練習」が

ユダヤ人の勉強法の最大の特徴だ。

 ユダヤ人は、復習を重視する。

 1回でも多く、わかるまで何回も繰り返し学ん

で理解することが基本中の基本だ。

 この基本にしたがって声に出して勉強し、つい

には諳んじられるくらいに暗記することで、

同じ学びを繰り返す。

 「落ち着きなく」勉強するから記憶に残る。

 ユダヤの経典には「楽しんで学んだ勉強だけが、

よく身に付く」とある。

 ユダヤ式勉強法のエッセンス。

1.とにかくワクワクすることから始める

2.体を動かしたり、歩いたりしてリズム

 をつけて学ぶ。

3.声に出して、つぶやきながら学ぶ。

4.最高の「つぶやき」環境を調える

5.反復練習や復習をすぐに行う

 英語学習も、好きな歌、童話、絵本、本、ドラマ

や映画、そして有名人のインタビューなど、

興味があるものから始める。

 英語だからこそ「ながら」勉強でうまくいく

 「つぶやき」で脳の記憶を厚くする

 「すぐの繰り返し」「すぐの復習」

英語定着のカギ。

 ユダヤ人は超おしゃべりで超伝え上手。

 英語を話せるようになるためには、シンプル

なパターンをしっかりと使いこな

せることが何より大切。

 とにかく、シンプルに伝えたもの勝ち。

 アインシュタインは、こう言っている。

 「6歳の子どもに説明できなければ、

理解したとはいえない」

 成功するためには質問することが何よりも大事。

 たくさん質問をしたら相手からより多くの

情報を聞き出すことができ、その答えなど

からキーワードを見つけることができる。

 そのキーワードを会話の糸口とし、さらに

会話に弾みをつけることができる。

 ユダヤ人たちは、「100の説得よりも1の笑い

のほうが効果的である」ことを知っている

ので、ジョークを使っている。

 ユダヤ人はこう考えている。「失敗や敗北こそ

が現実であり、それを知っている者

こそ勝利する資格がある」

 失敗を恐れずどんどん挑戦して、「上手に表現

したい」という気持ちを育てた人ほど、いろい

ろな情報源から表現を吸収するようになる。

 それが名誉なのだ。

 「40歳からでも聖者になれる」昔、無学な羊

飼いが自分の子どもが文字を習うのと同じく

して40歳から勉強して、最終的には

宗教指導者となった。

 「知恵を獲得する過程で、忍耐があれば、すでに

その半分は手に入れたようなものだ」

(ユダヤの格言)

 学ぶのに遅すぎることはない。

 加藤直志

  『脳が勝手に記憶する、ユダヤ式英語勉強法』

    の詳細,amazon購入はこちら↓

      http://amzn.to/2f7mMTf

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

            ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)