「 お金の知恵 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
現金決済の会社が行き詰るのは.銀行がそっぽを向いたとき  第 1,886 号

現金決済の会社が行き詰るのは.銀行がそっぽを向いたとき 第 1,886 号

 大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西 支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融 資の承認を取り付けた会社が倒産した。  すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。 四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多か りし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。  そんな世代へエールを送る痛快 エンターテインメント小説。  銀行用語で「裸」といえば、信用貸しのこと。 ...

続きを読む

成功によっても失敗によってもたえず世の注目を集めた  第 1,884 号

成功によっても失敗によってもたえず世の注目を集めた 第 1,884 号

 桁外れの資産と野心を持つ異能の経営者が、 「未来のプラットフォーム」の覇権を狙う。 強烈な個性がぶつかり合う開発競争の最前線!  アマゾンを立ち上げたときにはすでにイン フラがあった。おかげで1995年でももう、 新興のインターネット企業が成功を収 めることができた。いま、ベゾスは 宇宙に輸送網を築き始めたいと考えていた。  amazonには最初から必要なインフラが 用...

続きを読む

経営は時間の経過とともに業績が伸びていくことが大切  第 1,879 号

経営は時間の経過とともに業績が伸びていくことが大切 第 1,879 号

日本を代表するメガバンクである 三井住友フィナンシャルグループを率いる 太田純さん、金融界に新たな地平を切り切り 拓いてきたSBIホールディングス社長の 北尾吉孝さん。 両トップに、経営を成功に要諦を学びます。 ─────────────────── (北尾)  私が野村證券時代に最も影響を受けたのは、 社長を務められた田淵義久さんでした。 田淵さんには、一...

続きを読む

あなたの道を歩み始めたとき初めて「運」がやってきます  第 1,878 号

あなたの道を歩み始めたとき初めて「運」がやってきます 第 1,878 号

 デキる人や成功者はいつでも忙しく動き回っ ている、休むヒマもなく頑張らないといけ ないと思っていませんか?それは大きな 間違いです。これからの時代、成功 するために必要なのは「スキマ」です。  「スキマ」とは心や時間の「ゆとり」や空間 における「空きスペース」のこと。悩みだら けの心やへとへとに疲れた体、予定が詰め 込まれた毎日では、余裕がなく、新しい ものが入ってくる「ス...

続きを読む

有象無象が利権に群がり.桁外れの金額のカネが社会に流れ込んだ  第 1,871 号

有象無象が利権に群がり.桁外れの金額のカネが社会に流れ込んだ 第 1,871 号

 「京都五山」――バブル期の京都を支配したと いわれる闇社会の五人のフィクサーのことだ。 銀座をしのぐ地価高騰でバブル景気に沸い た京都にはカネ・人が群がった。地上 げ・土地転がしが横行し町家を潰 して「2億ション」が乱立、ゴ ルフ場の乱開発計画が世情を賑わした。  山段芳春や許永中らにしゃぶり尽くされた近畿 放送(KBS京都)乗っ取り事件のはじまりもその 目で見た。有名寺院...

続きを読む

「情報のおいしさ」は大きな宣伝効果を生み出す  第 1,858 号

「情報のおいしさ」は大きな宣伝効果を生み出す 第 1,858 号

 ヒトが何かを食べるとき、その食べ物に込め られた「物語」も一緒に味わっている――そ んなセリフを聞いたことはないでしょうか。  歴史のロマンを玩味するにせよ、知識欲の 渇きを潤すにせよ、深く知れば知るほどに、 その味わいもまた深まるというもの。  「イギリス近代化の陰にコーヒーあり」「フ ランス革命の陰にもコーヒーあり?!」「世界 のコーヒーをナポレオンが変えた?」「コ ...

続きを読む

現ナマよりダイヤのほうが.はるかに力をもっていた  第 1,835 号

現ナマよりダイヤのほうが.はるかに力をもっていた 第 1,835 号

 国税局査察部の秘密資料を駆使、暴かれる 日本の黒い人脈。ダイヤは超大物財界人の 手に渡っていた。児玉誉士夫から金丸信 へと続く黒幕たちの裏面史を描く迫真 のドキュメント。  児玉誉士夫が上海から持ち帰ったダイヤが 照らしだす日本の黒幕たちの暗部とは。  黒幕と呼ばれる男たちは、共通する3つ の力を持っている。人脈、集金力、 暴力装置の3つである。  政財界の有力者...

続きを読む

いつ潰れるか分からないんだと怒られました  第 1,833 号

いつ潰れるか分からないんだと怒られました 第 1,833 号

100円ショップの草分けである大創産業 (100円SHOPダイソー)の創業者・ 矢野博丈氏。 いまから18年前の『致知』にご登場いただ いた際、イトーヨーカ堂の創業者である 伊藤雅俊氏と会われた際の忘れ得ぬ エピソードをお話しくださいました。 ………………………………………………… イトーヨーカ堂の創業者・ 伊藤雅俊名誉会長とお会いした時の印象は 強烈でした。 ...

続きを読む

美しい心で一心不乱に何かに取り組んでいる人は「知恵の蔵」の恩恵を受ける  第 1,825 号

美しい心で一心不乱に何かに取り組んでいる人は「知恵の蔵」の恩恵を受ける 第 1,825 号

京セラ、第二電電(現KDDI)創業者であり、 一代で一兆円企業を築き上げた稲盛和夫氏。 そんな稲盛氏が、度重なる困難の真っ只中で気づ いたもの――真摯に生きるすべての人にひらかれ ているというある「蔵」についての逸話を通じ、 その経営哲学の真髄に迫ります。 ─────────────────── (稲盛) 「知恵の蔵」の扉をひらき、 その叡知を得るにはどうしたらよいの...

続きを読む

タックスへイブンの多くはイギリスと強い結び付きがある  第 1,824 号

タックスへイブンの多くはイギリスと強い結び付きがある 第 1,824 号

 大きな歴史の転換期の背景には、大規模な 脱税問題がありました。本書では、税制の 歴史と問題点を長年調べてきた元税務調 査官の著者が、「脱税」というキーワ ードを通じて歴史的な事件の背景 を読み解き世界史をたどって みるというテーマを持っています。  脱税というと、なるべく税金を低くしたいが ために細工をするというのが、一般的な「脱 税」のイメージでしょう。確かに、古今 東...

続きを読む

スポンサードリンク